2014北海道ツーリング総集編・メンテとデータ入力完了

今回も無事に終わりました! 2014年秋の北海道ツーリング

★★★★ 2014年北海道ツーリング関連日記の目次 ★★★★
カテゴリー検索で飛んできた方への目次です。
★本編★

★出発準備編★

土曜日に東京に戻ってきて、日曜日には洗濯・洗濯・洗濯!
バイク自体のメンテは来週に回し、毎回のことながら旅の走行軌跡と、全て持ち帰ってきたレシート類の金額入力・・・・
燃費なんてのは、エンジンの劣化具合を見られるちょうどよい指標と思っています。


毎度おなじみ走行軌跡

f:id:vfr750f2:20141012200525g:plain

北海道を南北縦断!と言いたいところですが、最北端・宗谷岬には行かず、内側2kmの部分を通っているので、コンプリートならず(笑)
そのほとんどを南北方向の移動に費やしている今回。


ちょうど滞在した一週間が、11月下旬並みの強い寒気が入り、とにかく天気が不安定。朝晩は異常に冷え込み、グリップヒーターが大活躍。
本当なら、宗谷岬からオホーツク海岸沿いに道東を目指す計画だったのですが、雨から逃げるように南下したため、このような長細い軌跡になってしまいました。


データ入力が完了して導き出した、費用と燃費!
例年との比較ではこのようになりました。

年次期間
[日]
走行
距離
[km]
一日平均
走行距離
[km/日]
総費用
[円]
燃費
[km/L]
備考
1995年北海道  71,842.8263記録なし 20.6 [ANAスカイツーリング利用:千歳発着]
1997年北海道  82,491.5311記録なし 記録なし [ANAスカイツーリング利用:千歳発着]
2000年北海道  83,772.6471記録なし 記録なし [自走上陸:青森-函館フェリー]
2001年北海道 103,520.7352記録なし 記録なし [自走上陸:青森-函館フェリー]
2002年北海道 103,964.9394記録なし 21.23 [自走上陸:青森-函館フェリー]
2003年北海道GW134,423.0340141,46121.55 [自走上陸:青森-函館フェリー]
2003年四国冬  51,874.8374 68,39921.01  
2004年北海道 104,193.8419102,52820.92 [自走上陸:青森-函館フェリー]
2005年北海道GW 83,786.7473 97,40822.56 [自走上陸:青森-函館フェリー] アーシング加工後燃費改善
2005年九州   92,693.5299114,71520.46  
2007年北海道  84,059.0507107,56523.68 オイル量がかなり少なかった・パニアケース初運用
2008年北海道GW134,822.7370154,71120.90 途中で空気圧調整,調整後平均21.34 km/l
2009年東北   83,031.4379104,69621.16 途中で空気圧調整,調整後平均21.59 km/l
2010年山陰   83,301.2412114,41121.41  
2011年北海道  73,760.5537115,35221.20 [自走上陸:青森-函館フェリー]
2012年北海道  81,990.9248143,62321.57 [大洗-苫小牧フェリー利用:苫小牧発着]
2013年北海道  92,548.6283115,86522.51 [大洗-苫小牧フェリー利用:苫小牧発着]
2014年北海道  82,174.2272125,44121.95 [往路:大洗-苫小牧 復路:小樽-新潟]

カウンターシャフト摩耗病による余命宣告を受けている愛車のバイク、VFR750F(RC36)。しかし今回の道中でも、まったく不安なく乗り続けられました。とにかく頑丈なバイク!
そして20万キロ超エンジンも一度も開けていないのですが、これまた快調な燃費数値を叩き出してくれ、特に経年による劣化も感じられません。


これならまだまだ走れそうな感じですね♪


費用の内訳も比較。去年のより1日短いのに、費用が1万円高い・・・・燃料代が高騰しているからかしら?

項目 金額 割合 備考 去年との差額
総費用 \125,441円     +9,546
内訳:有料道路等 \51,460円 41.0% フェリー、本州側高速道路 -1,840
内訳:燃料 \17,574円 14.0% 99.05リットル -1,461
内訳:食費 \26,330円 21.0%   +410
内訳:宿泊費等 \18,927円 15.1% 宿代、キャンプ場利用料 +11,497
内訳:その他 \11,150円 8.9% おみやげ、ホクレンフラッグ+970

違ったわ・・・・
今回はキャンプした日が少なく、宿に逃げたことがそのまんま増額となったみたいです。


今回、初の日本海側フェリーを利用して、フェリー代金も往路・太平洋側が\26,130円に対して、復路・日本海側が\17,070円。運賃は1万円近くダウンしていますが、去年との比較で二千円程度のダウンにしかならず・・・・新潟~東京の高速料金(と、あまり割引が効かないというのもある。)が加算されるとアドバンテージが無くなってしまいました。


費用比率という視点で各回のツーリングを比較してみると・・・・

年次 総費用 有料道路等 燃料 食費 宿泊費 その他 備考
2005年北海道GW \ 94,708円 32.6 % 23.0 % 18.5 % 25.9 % 高速道路定価
2005年九州   \114,715円 40.9 % 14.6 % 24.9 % 19.6 % 高速道路定価・神戸-門司/志布志-大阪フェリー
2007年北海道  \107,565円 28.8 % 24.3 % 21.9 % 25.0 % 高速道路深夜割引30%
2008年北海道GW \154,711円 15.3 % 22.5 % 23.7 % 13.8 % 24.7 % 高速道路深夜割引50%
2009年東北   \104,696円 8.7 % 17.3 % 19.9 % 31.9 % 22.2 % 高速道路\1,000円定額
2010年山陰   \114,411円 9.0 % 18.5 % 35.1 % 29.3 % 8.0 % 高速道路\1,000円定額
2011年北海道  \115,352円 22.2 % 22.9 % 26.1 % 13.6 % 15.2 % 高速道路深夜割引50%
2012年北海道  \143,623円 48.2 % 9.1 % 19.9 % 15.9 % 6.8 % 高速道路休日特別50%/大洗-苫小牧フェリー
2013年北海道  \115,865円 46.0 % 16.4 % 22.4 % 6.4 % 8.8 % 高速道路休日特別50%/大洗-苫小牧フェリー
2014年北海道  \125,441円 41.0 % 14.0 % 21.0 % 15.1 % 8.9 % 高速道路休日特別30%/大洗-苫小牧・小樽-新潟

データが積み重なってくると、はっきりと傾向というかが見えてきますねぇ。
旅のスタイルが変わると内訳がガラッと変わる・・・・


というわけで、たーさまの2014年北海道ツーリングは、コレにて終了です~