瀕死のスマフォIS11T、素直にドック入り(泣)

日に日に症状が悪くなる愛用のフルキーボード付スマフォ東芝製IS11T

https://tarsama.hatenadiary.com/entries/2016/05/10/ IS11T 充電できなくて電源ダウン(泣) → さぁどうしよう

満足に充電が出来なければ、さすがに使いようがない・・・・

・【使い回し写真】充電ランプは点いているけれど、充電していない

このスマフォ、正規のauショップで購入したわけではなく、秋葉原のジャンク店で新古品で購入したものなので、保証は効かないの(泣)


そこで考える道は、自分で修理。中古ならまだ同型機を入手可能なので、それを入手しコネクタやら充電回路を移植するか?


でもまずは、このプランが実現可能なのか? 自分で分解出来るのか? 中の基盤は都合よく交換可能な構造なのか? ホームセンターで専用特殊ドライバーを購入してチャレンジ。

・購入してきた特殊Y型ドライバー

特殊Y型ドライバー(たぶん)\600円(くらい)。
これを使ったらネジはサクサクと外せましたが、プラスチックのカバーは外れず。(←残念ながら、写真を撮り忘れ。)
あまり深追いして割っちゃったりするともとも子もないので、原状回復。


仕方なくauショップに持ち込んで、修理可能なのか問い合わせ・・・・
なんと、保証は効かないけれど修理は可能なんですって。


と言うわけで、ドック入りして費用の見積りをしてもらうことに。

・ドック入りした際に、代替機を貸してくれました。 SHARP AQUOS Phone CL IS17SH

なんとご丁寧に代替え機をまで貸出ししてくれるというので、キーボード無しスマフォがどんなものかを触ってみることに。


シャープ製の電話機に触るのは、PHS(Advanced W-ZERO3[es])以来。
この日の日記は、試しにフリック入力を使用して打ち込んでみましたが、単純な文字入力ならまだしも、コピペとかまで含めると、専用キーがあるIS11Tの使いやすさに軍配!


入力にイライラして、肝心の日記の内容に気が向かない・・・・_| ̄|○
しばらくの間は、通勤途中や出先での待ち時間を利用しての日記入力が封じられるので、更新が遅くなりそうです。