関西出張11日目: 湊川隧道と湊川の街を散策してみましたよ

現地出張中の休日
先週は病み上がりと言うこともあり、金曜日の勤務は体力的に結構キツかった・・・・たっぷり寝て過ごすか?


しかし、休日となると覚醒していまい午前5時起床
とりあえず洗濯するも膨大に余る時間。ヒッキーはやはり体に合わないようですね。
ベッドメイクをしてもらう為に外出するか・・・・


急遽プランニングをしよう。
一番お手軽なのは目の前の通勤電車の皮を被った山岳電車神戸電鉄』に乗り、神戸・新開地方面に繰り出すこと。


そうだ・・・・以前そのパターンで新開地駅の一つ手前、湊川駅周辺を散策した時に見逃していたポイントが有ったから、その辺りを街歩きしてみよう。

湊川・新開地を街ブラしてきた日記
https://…/2018/01/07/ 嵐の前の静けさ? 出張中の現地休日は神戸観光?

ついでに美味しいものを食べよう・・・・駅チカに鰻屋さんが有ったゾ。コレで決まり!

・神戸電鉄 三田駅(あれっ!?レンズが曇っているな(泣))

鉄道業界はコロナ禍で瀕死のダメージを受けているので、積極的に利用してあげねば。特に地方の私鉄。そんな応援にもちょうどよい時間つぶしね。


ちょっと前までボロい電車が多かったように記憶していますが、最近はめっきりオシャレになったと感じる神戸電鉄

・神戸電鉄 普通 新開地行き

むむっ!?『好日山荘』のヘッドマークが付いているぞ!? 関東圏でも見かける登山用品店じゃなかったでしたっけ。登山つながりで登山電車を応援しているのかな?
これに乗れば一本で新開地駅・・・・の一つ手前、湊川駅へ行けます。乗っていてもわかるほどのものすごい登坂・・・・久しぶりだと乗っているだけでも楽しい。


そして小一時間で湊川駅

・神戸電鉄 湊川駅

前回はここで地上に出て、そして違和感たっぷりの地上に色々とびっくりし、ここが天井川だった湊川の跡だと知りました。
幾度となく氾濫した暴れ川。明治29年(1896年)8月に台風による猛雨によって湊川の堤防が100mにわたり決壊し、死者38名、負傷者57名を出す惨事からようやく治水工事をする事になり、流路変更して出来たのが『新開地』。なかなかオツな名前ですね。


こんな経緯があった事をコメントにて教えていただきました。
なので明治時代に行われた治水工事の遺産を見学してみましょう。地上には上がらずに神戸市営地下鉄に乗り換え。

・神戸市営地下鉄 西神中央行き

たった一駅隣の上沢駅で下車。


流路変更前の地図と流路変更後の地図を見比べてみると、違いは一目瞭然

・明治18年(1885年)と明治43年(1910年)の湊川の位置 ※兵庫県のサイトから引用

明治18年は現・湊川公園駅付近は田んぼが広がっていましたが、明治43年頃にはだいぶ都市化されていて、ここを守るために川を大きく迂回させた感じ
そして地図でも分かる通り、流路変更の際に会下山(えげやま)にトンネルを掘り、海までの距離を稼ぐことで緩やかな勾配で海に注ぐようにして、天井川を回避。
そのトンネルを下流側から見学するためにやってきました。


地上に出ると立派な片側に車線の道路ですが、目的地方向の北側に目をやると、途端に山!

・いきなり山が始まります・・・・これが会下山かな?

さすが神戸。海と山が隣り合わせ
そして徒歩でこれを登るのかぁ~・・・・


結構ヘビイな坂だぞこれ!

・この先さらに上がっているゾー(泣)

病み上がりで体力が落ちているから、ゆっくり時間をかけて登ろう。


ひ~!
ふ~!



すると突然整備された川が現れます。

・先に見えるのが新湊川

これが湊川が流路変更された『湊川。どうやら少しトンネルを通り過ぎていたようだ・・・・


階段を降り、画角の関係で少し進んでから振り向くと・・・・

・湊川隧道(吐口) 天長地久 1901年竣工

立派に装飾された坑口立派な扁額。これは只者ではない!
1901年といえば、笹子隧道の開通と1年違いか。この世代に共通する装飾・・・・この当時は地に穴をあける行為は神の領域を侵食する行為なのか、最大限感謝するような扁額が掲げられています。

https://…/2011/11/26/ 代天工・・・・天に代わって工む!

この扁額は当時の陸軍大将、小松宮彰仁元帥の揮毫によるものを移設設置したもの。やはり一大事業だったのですね。


残念ながら坑口は、1995年(平成7年)阪神淡路大震災で大規模損壊したので、新たな断面を拡大するなどの防災力強化工事とともに新たに復元されたものではあるのですが、それでも立派。


そんなトンネルの上すぐにへばりつくように建つ住宅もすごいな。

・湊川隧道(吐口) すぐ上には住宅がひしめく

吐口は付近に住宅がひしめいているため新トンネル建設の際に流路変更ができず、旧隧道を拡幅し同じ場所に建設したのだとか。


隧道の反対側に歩いていきましう。
会下山を越える必要があるのですが、山の頂上付近は公園になっているみたいですね。
えげつない上り坂、さらに階段がドンっ!

・隧道の上は、住宅街を抜ける道、そして会下山公園とさらに階段

バイク乗車時にもお世話になっているグーグルナビを、徒歩でも利用。
公園の真ん中までは、トンネル上部をトレースしますが、その先は公園通路と出口の関係で一旦園外に出て、公園脇の公道をトレース。


神戸電鉄の鉄橋が見えてきました。この辺りは地下の湊川駅を出発したら一気に山を駆け上がっていく区間。

・公園沿いの小道を歩くと、神戸電鉄の高架橋。50‰急登攀区間

電車が来るまで待たないあたり、まだまだ画作りが甘いな(笑)


そこからもう少し歩くと・・・・湊川隧道(呑口)

・復元(?)された、湊川隧道の坑口(呑口)

なんと旧断面の坑口が移設保存されています。
何故か目の前にいる兵庫県警が邪魔(笑)


私が不審者で通報されて・・・・ではなくて、施設の警備をしているわけでもなくて、目の前の一時停止信号の取締りをしているようでして、とても邪魔!
写真左端は要石。湊川隧道はもともと神戸電鉄の高架辺りに坑口があったのですが、延長された際にそのまま埋められて平成の工事の際に発見されたのだとか。
震災からの工事の際には隧道内に『湊川隧道』と表記されたプレートも見つかり、それまでは会下山トンネルと呼ばれていたものを元の名前に戻したとかなんとか。


復元隧道の内側は、コンクリート巻き。そして何やら資材がチラホラ。

・内側は・・・・旧隧道まで取り付ける通路と展示物

実はこの復元トンネル、この先で保存されている旧隧道まで続いているのです。


大きい断面の新トンネルと旧トンネルの位置関係はこんな感じ。

・緑:新湊川トンネル 赤:湊川隧道 兵庫県サイトから引用

そう、なんと大口径トンネルになり流路が変更され、旧隧道は300mほど残しているのだとか。


毎週第3土曜日に内部を一般公開されるほか、年一回は通り抜けイベントも開催されるとか。羨ましいゾ。
地下に残っている復元ではない当時の隧道をこの目で見てみたい・・・・


坑口には、立派なプレート。

・登録有形文化財、土木学会選奨土木遺産

この時代の大規模水路トンネルは大変貴重らしい
街を守るために最先端の技術を投入って、なんだか格好が良いな。


新トンネル呑口の坑口は石積み風でだいぶシンプルですね。

・湊川隧道(呑口) 『湊川』の扁額も復元

駅からすぐそこの場所に、こんな偉大なものがあったとは。


トンネル見学はこれで終わり、湊川駅方面に徒歩で戻りましょう。

湊川駅・湊川公園駅周辺を街ブラ

駅からは徒歩10分程なのでそんなに遠くはありません。
時間だけはたっぷりある(ホテルには15時まで戻れない。)ので、のんびり歩きます。すぐに大通りに出ました。

・たぶん大通り

この道を真っすぐ降りていけば湊川公園・・・・ということは、この辺りの下り坂が改修前の湊川の西の端辺りかな?


なんか活気あふれる商店街が点在していて素敵なのですよ。

・商店街A(人が少ない場所を厳選して撮影)

ちょっと狭目の通路に、店からはみ出す売り物と人々。


あっちでもこっちでも。

・商店街B(人が少ない場所を厳選して撮影)

なんだか私が子供の頃の下北沢がこんな感じだったな。懐かしい~(歳がバレるな。)


点在・・・・というか結構広範囲に存在しているぞ、商店街。
ちょっと大きめの商店街に来たみたいですね。

・商店街C

あれれっ!?
色々突っ込みたいとこがあるのですよ。


なにこの高さ制限の標識は(笑)

・不自然な高さ制限の交通標識

そもそもここを自動車が通るのか?
しかし私が目を引いたのはそこじゃない。


こっちこっち、なんと『ドムドムバーガーの店舗があるではありませんか!

・ドムドムハンバーガー

今や日本で絶滅危惧種。マックよりも一年早く営業を始めた日本におけるハンバーガー店の元祖。
これは・・・・無視できない(笑)

ドムドムバーガーの日記
https://…/2015/01/21/ ドムドムだったら、うまくいく?
https://…/2012/12/12/ 久しぶり!なハンバーガーショップ

本当はこの後うなぎ屋に行こうかと思っていたのですが・・・・ここでハンバーガーを食べたらおそらくうなぎはお腹いっぱいで食べるのが困難になってしまう。


長考5分。やっぱり軽く食べていこう。それほどまでにこのエンカウントは回避し難い。

・液晶モニタなんて一つも存在しない。レトロなインテリア

商店街も昭和だったけれど、この店内も昭和臭があふれるぞ。いいゾ~これ!
モバイルオーダー・・・・ナニソレオイシイノ?


メニューは季節モノよりもロングセラーに比重を置いてみたい。

・紙のメニュー

ビッグドムチーズ』とやらにしてみよう。


モスバーガーのような包装で登場した、焼き立て作りたてのハンバーガーとホットコーヒー。

・ビッグドムチーズ と ホットコーヒー

今まで散歩してきたから、軽いおやつみたいなものだ。
それではいただきます。


・・・・まぁいわゆるハンバーガーだな。マック以上モス以下といった感じで普通に美味しい

・ビジュアルは良いね! @ ビッグドムチーズ

あぁ、やはり腹が一杯になってしまった・・・・


アーケードを抜けると、そこは湊川駅の裏手だった。

・道の上をまたぐのは・・・・湊川公園

道をまたぐ橋のようなものの上は湊川公園で、実はあの辺りに湊川が流れていた・・・・
なのでこの辺りの地形は『地上』がどこなのかよくわからない。


ここからちょっと先にある、つい先日全国区に報道された昭和の映画館

・電柱も建つ、地上に出入り口がある映画館

湊川公園の下に存在・・・・いや、映画館の上に湊川公園が存在している構造。そしてここにも商店街が存在。


入口は確かに地上から入るのよね。なのでこれは地上の建築物?

・ミナエン商店街と掲げられたところが入口

でも映画館のすぐ脇から地上がグッと上がり、すぐに湊川公園と同じレベルに地上が上がっている場所。もと湊川が運んできた土砂が残っている場所と、浚渫した場所の境目。


するとあの映画館は地下の建築物だし地下街だよね・・・・消防機関が今更イチャモンを付け、モメているのだとか。(地下の建築物となると、必要となる防火設備のランクが変わる。)

・映画館は地上なのか地下なのか。そもそもの定義がしっかりしていないのでは?

ちなみに、この辺りの町名は『荒田町』。湊川が氾濫したことから付いた地名ですって。


人工衛星まんじゅう店は、今日はお休み。

・人工衛星まんじゅう

ザンネン。


この先の町並みは前回の街ブラで散策したから、今日はここまで。
ちょっとお腹を頑張って、うなぎ屋に寄ってみようかしら。関西風のパリパリうなぎって、関東だと意外と食べられないのよね。

・うなぎの寝床みたいなお店 @ うなぎ料理ながよし

ちょっとハイプライスだけれども、突入してみよう。


ただしオーダーは、一番量が少なそうな『』をオーダー。

・メニュー @ ながよし

このお店、上→特上→特選とランク付けされていて、並が存在しない設定。
あとうな重の他、だし巻きをつけるか否かの設定もある。


だし巻き玉子もぜひ食べてみたいところですが、さっきのバーガーがシャマをする(泣)


うな重様の登場~

・うな丼(上)

あらら・・・・『』だとうなぎがかなりしょぼいな。
パリパリのうなぎはさすが関西風で美味しいのですが、ゴハンの量を考えるとひとかじりで結構なゴハンチェイサーが必要で、空腹のときは美味しい食べ方ですが満腹時にはきつい。


多少バイアスが掛かっているとはいえ、リピートしてまで食べに来るのかといえば微妙。『特選』とかにしてうなぎの量を増やすのが正解なのでしょうね。

・帰りは・・・・レトロなウルトラマン電車

さ~て、神戸電鉄でホテルに戻ろうかしら。


なかなか良い運動になり、ホテルではぐっすりと睡眠を取ることができました。

https://…/2022/02/06/ 関西出張12日目: そうだ!日本海側に雪を見に行こう