北海道ツーリング・上陸4日目

(写真)小松牧場にて、おいしい牛乳が飲めますよ。

目覚め

大地が明るくなりだし、小鳥のさえずりが聞え始め目が覚める。


4時30分だった。いくらなんでも早すぎるので二度寝して6時20分に目覚める。


今日は全道的に晴れ!稚内周辺のみ降水確率10%、後は0%!


今日はテントを撤収せずベースキャンプとする作戦をとる。宿探しの時間や、テント撤収・設営・パッキングの時間が省略でき、効率的に観光ができるのだ!


今日は、昨日の続きで『北太平洋シーサイドライン』の厚岸(あっけし)から霧多布(きりたっぷ)を見たいのです。


何回か来たことは有るけどいつも悪天だったのだ。

大自然

朝7時30分に厚岸の北方、多和平キャンプ場を出発しました。


1km程走ると道に…何かいるぞ!…なんだ~猫かよ~。


気合いを入れ直してまた1km程走ると…道路上に何かいるぞ!…どうせ猫だろ……キツネだ!尻尾がふわふわでカワイイ♪


さらに1kmも走らないうちに左カーブに突入し……ウワッ!急ブレーキ!…道路上に鹿が3匹!
ようやくバイクが止まると『ブルルッ』と鹿が逃げ出します。あわててデジカメをだして電源を入れて……あーっ起動遅い!鹿が平原をピョンピョン逃げていきます
馬とは走り方が違うのね、ピョンピョン♪
おや、鹿の子供も沢山のファミリーみたい。

・ピョンピョン♪ 大逃走中なのだ~

もっと大自然

何回か鹿に遭遇したことがありますが、ここまでの大群は初めてです。デジカメめい一杯の10倍ズームでパシャ!

・いっぱいいるでしょ、ほらっ。

標茶の町を抜け、きっとまだいるだろうとキョロキョロしながら走ると……いたいた!鶴がいます。2匹いるので間違いありません。
鶴は大人になると、相手(カップル)を決め一生をその相手とのみ過ごし、行動も供にします。(鶴公園で勉強しましたよ。すごいでしょ。エヘヘ。)


鶴は飛べるのですぐには逃げません。バイクと一緒に『はいチーズ

・鶴のつがい。バイクが写っていないって(?) バイクが入ると鶴が小さくて見えなかったです。

さらにさらに、1km程で鹿に遭遇!写真が間に合わない~!

素晴らしいよ~

ようやく厚岸。


北太平洋シーサイドラインをトレースしながらポイントに寄る。
愛冠岬、床潭湖、あやめヶ原(チンベノ鼻)、涙岬、ビワセ展望台。いづれもゴールデンウィークとは思えない静けさです。

・愛冠岬
・あやめヶ原。シーズンは辺り一面にあやめが咲きます。
・涙岬。
突端がこの海岸で難破した若者に向かって叫びつつける乙女の形をしています。
(あえてアップは載せませんが、本当に乙女の横顔に見えます。ぜひ本物を見に行ってください。)
・ビワセ展望台。霧多布湿原が真近です。街のすぐそばが湿原!

そして、霧多布岬、アゼチの岬。
どこからの眺めも素晴らしく、そしてちょっぴり悲しくなります。(昔の言い伝えがね~。私こうゆうの弱いんです。ジーンと来ちゃいます。)


雲一つ無い快晴。いやぁ~素晴らしい~。

・霧多布岬。アゼチの岬。目前は元ムツゴロウ動物王国があった島。

唯一の後悔は、ピリカウタ展望台に行けなかったこと。工事中ダートが続いていて諦めてしまいました。
いつかきっと…!

つぶ焼き&小松牛乳

霧多布周辺の水産物の水揚げ時期を調べたら、今の時期にヒットするのは…

  • つぶ貝(5月上旬まで)
  • 牡蠣(5月上旬から)

よし、つぶ貝を食べよう。
ビワセ展望台の町営売店でつぶ焼きをやっていたのでお願いしてみた。3個で\350円。出てきた貝がびっくり!でか~い。
さらに浜中町内でしか手に入らない小松牛乳プレーン((?))もオーダー。

・つぶ焼きと小松牛乳。


その後、霧多布の小松牧場に行き、工場直売のコーヒー牛乳を飲む。うま~い!濃いぞ~!
あんまり有名じゃないのか、私が行った時は人影無し。

・小松牧場にて。おまえの乳をおいしく頂いています。

牧場のおばちゃん、イイ人だよ~。


今日は感動だらけだよ!

https://…/2005/05/04/ 北海道ツーリング・上陸5日目