MOSFETレギュレータの電気系統ハーネス作成・・・・が~ん!

昨日の日記で実車確認を行った、MOSFETレギュレータ。バイクに搭載する位置が最終確定したので、ここまで発電機からのAC配線とバッテリーへのDC配線を準備しなければなりませぬ。

https://…/2014/05/18/ MOSFETレギュレータ取り付けアルミ板の実車確認

コネクタは既に購入してあるし、電線も純正電気系統が燃えてしまい、配線をやり直す際に購入しておいたので、サクッと作業しちゃいましょう。

https://…/2014/04/19/ とりあえず機能回復・・・・電力線焼損事故 ~204,480.9km~

バイク側では、SCRレギュレータとMOSFETレギュレータを切り替えられるように、裸圧着端子による中継点も設けてあるので、今回作成するハーネスは"MOSFETレギュレータ~中継点"まで。

f:id:vfr750f2:20140525184502j:plain
・コネクタと、AV線3sq

防水のコネクタなので、密封するゴム栓まで付属しています。
最近のレギュレータはこんなところにも拘っているのかぁ~・・・・。VFR750F(RC36)純正のレギュレータのコネクタは、普通の非防水250型&305型だものなぁ。(もっともカウルの内側で風雨が当たらない場所だけれども。)


端子自体は、オープンバレル式

f:id:vfr750f2:20140525184503j:plain
・電気的にはシンプルです

オープンバレル式端子の専用圧着工具も購入してあるのですが、3sqに対応するダイスがないのがちょっとだけ残念。
中くらいのダイス(1.5sq~2.5sq対応)では前回難儀したので、一番大きいダイス(4sq~5sq対応)を使って圧着しました。果たして吉と出るか凶と出るか・・・・


仕上がりはこんな感じ。

f:id:vfr750f2:20140525184504j:plain
・圧着完了

電工ペンチを使って、追加圧着しておこうかしら。


あとはコネクタにスポッと挿すだけ。

f:id:vfr750f2:20140525184505j:plain
・DC GND線(マイナス線)の作業完了

作業は簡単ですね。


同様に、DC電源線(プラス線)も作業完了~♪

f:id:vfr750f2:20140525184506j:plain
・DC側のコネクタ施工が完了

こんな感じに配線する予定です。


続いて、AC側。正確な配線の長さは実車で配線時に決定するので、若干長めに準備しておくことにします。余裕を見て1m有れば大丈夫でしょう。


・・・・
AC線に使う黒色AV線の残り長さが足りない・・・・(泣)


DC線(赤・緑)はそれぞれ別の色なので1本ずつしか使わないのに、AC線は同じ色を3本使うので、消費量が3倍


慌てて近くのカー用品店を探してみましたが、やはり3sqの電線なんて店頭販売していません
仕方なく、通信販売で追加オーダーすることにしました。時間かかっちゃうけれど仕方がない~、とほほ~(大泣)

https://…/2014/05/20/ MOSFETレギュレータ取り付けステーに泥除けも付けてみよう