愛車修理完了!

先週の日曜日に、愛車のバイクVFR750F(RC36)をドック入りさせました。
というのも、20年/16万キロ走行の老体バイクですから、スタータークラッチが壊れる前兆で20回に1度ぐらい、セルモーターは回っているのにクランキング出来ない現象が発生し、一度発生すると3~4回続くという、冷や冷やドキドキな状態になのです。


たとえ信号待ちにはまっても気軽にエンジンを止められない・・・・・なぜならスタートが出来ない可能性があるから・・・・そんな心配とおさらばするため、そしてパーツがあるうちに全快するためにドック入りし、無事作業が終了したので引き取ってきました。

https://tarsama.hatenadiary.com/entries/2010/01/17/ ドック入り(スタータークラッチ・オーバーホール) ~163,215.1km~

古いバイクの宿命・・・・パーツが買えるうちに治すべし! というわけで、疑わしきは交換という方針でオーバーホールというよりも修理交換といったほうが適していると思います。


スタータークラッチは、セルモーターの回転はエンジンのクランクに伝えるけれども、クランクの回転はセルモーターに伝えないというものです。

・スタータークラッチ周辺のパーツ構成 [本田技研工業発行 VFR750F(RC36)パーツリスト第3版より引用]

交換した部品はこちらです。

見出番号 部品名 部品番号 単価 数量 小計
---スタータークラッチ交換・工賃 ---     \10,000
3 スターティングクラッチギアCOMP 28110-MB0-010 \8,1001 \8,100
4 スターティングクラッチフランジ 28115-ML7-000 \4,0401 \4,040
5 スターティングクラッチアウターCOMP 28120-ML7-690 \9,8501 \9,850
6 スターティングクラッチローラスプリング 28125-MT4-000 \135 3 \405
7 スターティングクラッチローラスプリングキャップ 28126-415-000 \640 3 \1,920
13 ニードルベアリング 30x35x17 91022-MB0-003 \850 1 \850
14 ローラー 15x13 91101-516-000 \195 3 \585
---R.カバーガスケット 11394-ML7-000 \820 1 \820
---エンジンオイル M5100 \1,9002.9\5,510

結構沢山交換しちゃいました。まだまだ乗るつもりなので徹底的に治しておいたほうが精神衛生上よろしいのです。
特に、北海道ツーとかのロングツーリング中に調子悪くなると最悪だもんね。


こちらは、バイク屋で取り外した20年間がんばってくれた部品たち

・スターティングクラッチアウターCOMPとスターティングクラッチギアCOMP

想像以上に綺麗だし、ほとんどキズもついていません。


整備をしてくれた担当の人も『本当に調子悪かったですか(?) 当方で何回か試したのですが、いずれも快調でしたよ(?)(?)』とのとこ。
でも、そうなんです。普段は何とも無いのにココゾと言うときに必ず調子が悪いんです・・・・。

・20年前とは思えないほど綺麗 ・ローラーベアリングも正常動作

全快! これで心置きなく渋滞中にアイドリングストップが出来ます。


でも・・・・


さすがプロ。
ラジエターリザーブタンクがすっからかんだったので、加水した上でイロイロ診断してくれていました。


私もこの症状は出ていてたまに加水しているほどだったし、冷却水が漏れている場所が特定できないぐらいジワジワと漏れるので手が打てないでいることも報告しておきました。
すると担当さん曰く、リバーバタンクのキャップ周りか、もくしはエンジン本体のガスケットだとか・・・・


そうなるとエンジンをバラス必要があるので工賃が非常に掛かる!
あと、ガソリンの臭いもだいぶするので・・・・クリアランスが・・・・・とか、普段気が付いてはいるけれども改めて冷静にあちこち指摘されるとちょっとショック!


あぁ~、ダダッ子! お金が掛かりそう~(泣)