最後までかよ!!北海道(行程7日目)

いよいよ今日は北海道最終日。今日の夕方の函館発のフェリーで北海道を離れます。
早速テントから顔を出すと・・・

・微妙に霧が・・・ ・今日の移動予定

が~ん!!。結局毎日これかよ~。
キャンプ場に犬の散歩に来た周辺住民、なぜだかライダーに優しくわざわざ近寄ってきて『今日は午後から雨だよ~。』と親切なんですけど物凄くヘコむその言葉。
一応携帯電話で天気予報をチェックすると、函館周辺は午後から雨


朝7時、さっさとパッキングして近くのコンビニで朝飯を食べていると既に雨がパラついてきました。


そりゃないよ・・・。無くしてしまったので上半身だけになったカッパを装着です。
そして函館に向かい南下すればする程に空が暗くなってきます。おいおい~、ここでズボンが水没したらそのまんまフェリーに乗るハメに!! しかも函館まで大きな街が無いので途中調達も無理。

・ルート変更・江差回り ・日本海・太平洋を隔てる峠・R277雲石峠

観光よりも1本しかないズボン温存が最優先。西の方が空が明るいので、一か八か日本海岸・江差回りで雨雲らしきを避ける作戦にしてみました。

工事だらけ

北海道の国道は、本州の国道と異なり国直轄!!(本州は超主要国道のみ国直轄で、あとは都府県管理。)だからなのか(?)道の作りがリッチ(←雪掻きの都合があるにせよ)だし、普通なら補修して使うような道も平行して新しい綺麗な道をジャンジャン作ってしまうんです。
おかげさまで(上半期が終わる時期と被るからかもしれないが)道は工事だらけ・・・。

・左は建設中の道・右は現道

現道でも十分なのに綺麗な新道を作ってしまうのですが、往々にして新道はカーブも少なく険しい場所でもそれを感じさせない作り(長大トンネルや橋梁など)になってしまうので、観光にきた人には雄大さを感じられず、物足らなくなってしまうのです。

北海道最南端・白神岬

江差ルートにしたのであれば、どうせだから最南端にも寄っていきます。空も若干明るくなり、天気はなんとか持っています。
最北端ほどのメジャースポットではないので、駐車場以外何も無く、唯一楽しめるはずの『青森直視』も、靄で全く見えません。

・白神岬の碑 ・本当なら向こうに青森が・・ ・白神岬灯台

本州まではわずか19km。九州の関門海峡ほどではないですが、本州はすぐそこです。

ロングフェンダー

ロングツーリングでは初の実戦投入となったサイドパニアケースの防水性は申し分なく、中には全く水が浸入してきません。今回のような悪天続きのツーリングではとても役に立ちました。
しかし、パニアケースとは関係のない、新たな問題点が見えてきました。


将来、トップケースも増設できるようにとキャリアを付けているのですが、そのキャリア上面が泥しぶきが沢山付着しているのです。
走行中は直接風雨がぶつからないので理論的には汚れないはずの、フェンダーやパニアケース後面もドロドロ。さらに昔から気になっていたのですが、ヘルメットの後面の塗装が小石がぶつかったような感じで剥げているのです。

・後方から泥しぶきが ・キャリアの上方まで ・ヘルメット後面は塗装剥げ

うーむ、どうやら純正のフェンダーでは力不足のようです。キャリアの上面が汚れたことではっきりとわかりました。

・VFR750F(RC36)のリア
フェンダー
・VFR750P(RC35)のリア
フェンダー(延長してます)

おんなじVFR白バイのロングフェンダーも、あながち飾りではなさそうです。帰ったらいろいろと研究してみようかな・・・。でもアフターパーツなど皆無に等しいVFR750F(RC36)なので、情報収集に苦労しそうです。

再・函館

江差周りは物凄く距離があり、長万部7時出発でも函館着は12時。ようやくやってきました、函館。多分北海道の街の中で一番多く通っています。だってどんなルートを使っても、必ず上陸日と離陸日に通るのですから。


しつこいって!?。いいの、誰がなんと言おうとも『函館=イカ』の街で、ココに来たからには必ず食べなければならない味の関所なのです。

・函館朝市の活きイカ刺し ・捌きたての透明イカ ・キモもうまそう~

午後から雨の予想の函館、ギリギリまで徘徊してみます。まずはフェリーの食料調達。ハセガワストアのやきとり弁当にしようか、ラッキーピエロのハンバーガーにしようか・・・ちょうど昼食時でラッキーピエロは観光客でごった返しています。
混雑はキライなので、ハセストにしました。

・ラッキーピエロ ・ハセガワストア(実際は隣同士)

つづいて、前回訪問時に観光ポスターの真似っこをして撮影した八幡坂。今回も撮影してみましたが、悪天で青函連絡船が霞んでしまいます・・・

・八幡坂から函館港を望む

函館といえば路面電車。路面電車と併走~♪、なんて写真は撮れないので、バイクを道端に止めて電車を待ってみました。

・おっ、電車が来た来た!!

さぁ、数分待つとやってきました。『どつく前行き』路面電車。ギリギリまで引き付けて~・・・

・通行車両とカブってる・・・

車のほうが速い!!。途中に交通信号があって路面電車も車も足止めされ、同時スタートするため何回待っても被るので諦めました。

タイムリミット

いよいよ分厚い雲が空を覆い、バイクでの行動が制限される時がやって来ました。低い雲が函館の街を覆います。

・函館山頂上は雲の中 ・どう見ても悪天 ・函館どつくも霧の中

雨が降ってきました。
ちなみに、本州上陸後の天気も調べると、『今日12時~18時は10%』『今日18時~翌0時は30%』『翌0時~6時は70%』『翌6時~12時は90%』・・・。
時間が経てば経つほど悪天で、どう足掻いても雨に降られる計算です。
しかたなくフェリー埠頭目の前のホームセンターで、カッパの下半身のみ\1,500円を購入し、北海道を離れました。

・カッパ下半身購入 ・またね!! ・帰りはびいな号

最後の最後まで天気に悩まされた今回の北海道ツーリング。でも、また機会があれば来ます
またね、北海道!!

https://…/2007/09/16/ 無事終了!!北海道(行程8日目)