荻窪リレー! 家系ラーメンチェーン店 荻窪商店

朝は会社で仕事をし、午後は都内で打ち合わせ
立川の会社を出発し中央線に乗り、上手いこと地下鉄丸の内線に乗り継ぎたい場合は、新宿、四ッ谷、東京のいずれかで乗り換えていました。
しかし・・・・


むむむっ!盲点だったけれど、丸の内線の始発・荻窪駅でもスムーズに乗り換えができるではないですか。
ちょっと時間は余計にかかるけれど、運賃は安い! しかも都内A級の駅ではなく、ぎりぎり23区内というB級ロケーションだし、立川から近いので、12時を迎える前にランチモードに入れるとあって、ゴハン屋さんも空いている!


灯台もと暗し・・・・初めての荻窪駅では、何が食べられるのかしら?
スマフォで調べてみたら、ウナギのお店がヒット!

f:id:vfr750f2:20170628210431j:plain
・うなぎ 川勢

しかし、営業開始が12時からと、B級ロケーションっぽいモヤモヤっぷり
せっかく12時前に食事にありつけるアドバンテージがあるというのに、それがスポイルされ、地元のサラリーマン戦士と同じ条件で戦わなくてはならない・・・・


それに、荻窪で時間を使ってしまうと、肝心の午後の都内打ち合わせに間に合わなくなってしまうゾ~(泣)


仕方がない・・・・、すぐ近くのラーメンチェーン店で妥協しよう。家系ラーメンって、キライじゃないし。

f:id:vfr750f2:20170628210432j:plain
・荻窪商店

この"○○商店"と名が付いた同じようなデザインのチェーン店、最近良く見かける(○○の部分は店によって異なる。)のですが、多分入ったこと無い気がする。


という訳で、家系ラーメンの実力調査
店に入るとさっそく券売機。
レパートリーは、以下の選択肢に『並盛り』『大盛り』『塩味』のマトリクス。

  • ラーメン
  • 味玉ラーメン
  • ネギラーメン
  • チャーシューメン
  • ネギチャーシューメン
  • MAXラーメン


なぜだっ! なぜ家系なのにのりラーメンの設定がないのだ!
海苔のトッピング増量は有るというのにねぇ・・・・、分かっていないなぁ(爆)


のりラーメンボタンがないから、ついチャーシューメンボタンを押してしまったではないですか・・・・海苔増量も押したけれど。
まんまと店の作戦に乗ってしまったのかしら?


ビジュアルはとても素晴らしい、家系ラーメン。さすがこういうところはチェーン店ね。

f:id:vfr750f2:20170628210433j:plain
・仕方がないからチャーシュー麺\930円 + 別途海苔増しトッピング\50円

しかし、家系といえば、各店舗で豚骨を煮込むために大きな寸胴と、そして周囲に強烈な豚骨臭を撒き散らす街の迷惑施設(笑)だというのに、ここは一切ニオイがしない。
セントラルキッチンと言うやつで、店舗では温める程度なのだろうか。


うずらの卵というのもなんだか中途半端だし・・・・、見た目が良いチャーシューは、う~ん極めて普通というか、ちょいパサパサというか・・・・

f:id:vfr750f2:20170628210434j:plain
・写真写りは良いけれど、丼がちょっと小さいの(泣)

クリーミーなスープは、万人向けで飲みやすいともいえますが、強烈なインパクトもない無難型。


不味くはないけれども、すごく美味しいわけでもない、まぁ普通のラーメンでした。