劇画・ゴルゴ13特集

ちょっと前の出来事。
テレビを点けてみたら、NHKでゴルゴ13特集を放送していました。速攻で録画!


前にも書いたことがありますが、漫画(作者のさいとう先生は"劇画"と称している。)の中ではピカイチに好き
文庫本サイズの単行本がハイピッチで発売されていたので1巻から買い続け、お昼ごはんの友として活躍し、そして読み終わった本は同僚に・・・・(爆)

f:id:vfr750f2:20130214211653j:plain
・ほんの数冊だけ残っていました

新幹線に乗るときも13号車13列D席を狙ってますもん!(核爆)


そんな面白くて好きなゴルゴ13のテレビ特集
ゴルゴ13そのものというよりは、その舞台裏・制作サイドにフィーチャーされていましたが、私もそっちの方が興味津々


驚くべきはそのシステム。さいとう先生一人で・・・・というわけではなく、分業制となっていること
そもそも脚本家として、その道での現役のプロの存在。だからこそリアリティのあるお話が書けるのね。

f:id:vfr750f2:20130214211654j:plain
・その道の現役のプロたち

そして、さいとう先生自身が一番悩む・・・・といっていたネーム(構成)書き。脚本を具体的な劇画に変身させる瞬間です。

f:id:vfr750f2:20130215074059j:plain
・ネーム

雑誌の一番最後のページに載っているスタッフさんたち。
これらの人々が実際の絵にしていきます。もちろんさいとう先生もゴルゴ自身重要人物を書きます。

f:id:vfr750f2:20130214211655j:plain f:id:vfr750f2:20130214211656j:plain
・作画家さん ・作画家さん

自分に自信がない部分はキチンと他人に任せて、最高のものにする・・・・


簡単なようでとても難しいし、勇気もなきゃできないことです。


すばらしいですね。
これからもこの調子で素晴らしい劇画を作っていただけると、読み手の私はとても嬉しいです