デジタルボリューム制御ICの入手

今日もまた、愛車のバイクVFR750F(RC36)にて、長距離走行中の暇つぶしのための"MP3プレーヤー車載&ついでに無線機も車載"作業のネタなんです。

https://…/2007/08/15/ 車速連動型アンプ回路設計
https://…/2007/08/14/ 無線局開局申請
https://…/2007/08/11/ アンプ回路
https://…/2007/08/08/ 変換コネクタをヘルメットへ実装
・・・・これ以前はページ右上の"日記カテゴリ一覧"から『無線』を選択してみてください。

さて、今回はテキサスインスツルメンツ社製PGA2310デジタルボリューム制御チップの入手のお話しです。


もともとこのチップは入手が難しいという噂はあったのですが、まずは相場価格を調べようと、普段良く使う電子部品屋のインターネットサイトで検索しても『取り扱いなし!』なのです。
もう少し網を広げて普段使った事がないサイトも全て全滅!です。都内出張時に秋葉原に寄り道をして探してみてもダメ


サイトの中には電子部品入手のためのリンク集もあって辿ってみましたがヒットせず…。


最後に残るは企業向け取引きサイトなのですが、それでも2サイト(うち1サイトは通販サイトではなく、企業の残在庫を登録しておいて、必要な会社がそれを買い取る斡旋をする仕組みの素人が入り込む余地がないサイト)しかありません。


残る1サイトで取引きするためには『会員登録』が必要で、やはり法人名の入力は必須となっています。
しかし、届け先に個人宅も入力できるし、代金配達時引き替え払いも出来るためため、会社に迷惑がかからないだろうと注文しちゃいました。

・トランジスタ技術

昔、まだ私が電子工学科の学生だった頃に、とあるチップの資料が必要で、インターネットが今程普及していない時代は、電子技術の雑誌『トランジスタ技術』の資料請求システムしか手段がありませんでした。
当然法人利用のみを想定されていて法人名の記入は必須だし、職種や企業規模など細かく情報を提示しないと駄目なのでした。
学生の私は適当に個人企業ということにして資料請求したところ、アポなしで営業が自宅までやって来てしまった前科があるので、ちょっとビクビクしているのです。(ちなみに数ヶ月後のトランジスタ技術からは職種欄選択肢に『学生』が増えました!)

数日後

出張中に携帯電話が鳴りました。うちの会社の庶務さんからでした。
たーさま、×××というところから電話があったのですが、何か発注しました(?)


ゲゲゲッ!!
やはり会社に電話がいったみたいです。
ちなみにうちの会社は、SEがシステムに必要な機器を選定し見積もりを取り、発注手配入力までを普段から行っているので、庶務さんからはこれっぽっちも疑われずに済みました。


クイックレスポンス、翌日には部品が届きました。
価格は1チップ\3,430円!試作時に壊す事も考えて2つ購入し、送料460円。


かなり高い買い物になりましたが、一歩前進です。