オリンピック期間中にロードプライシング!? 首都高増額を検討

なんと2020年東京オリンピック期間中に、大会関係者や選手の円滑な移動をサポートするために、健全な都民の通行を抑制するためにロードプライシングを導入するか検討しているんですって。

f:id:vfr750f2:20190205074512g:plain
・オリンピック期間中に首都高通行料金が値上げ

おぃぉぃ・・・・
私、オリンピックに興味はないし、特に会場に行かなければ被害もないのかと思っていたけれど、どうやら火の粉が飛んできそうだぞ。


1964年の東京オリンピック開催時は、それに合わせて整備された施設がズラッ~

  • 東海道新幹線の開業
  • 東京モノレールの開業
  • 東京国際空港のターミナルビル増築・滑走路拡張
  • 首都高速道路・名神高速道路の整備
  • 環七通り・六本木通りの拡幅・整備

しかしこの当時は新規整備されたものも、これだけ月日が経った2020年だと世間一般の皆さまが使うようになっており、すでに飽和状態
かといって、1964年のような開発をする余地も残っていない・・・・


そこで出てきたロードプライシング

f:id:vfr750f2:20140605221326j:plain
・【使い回し写真】首都高速道路

一般車の通行料金を¥500円~¥3,000円上げるとかなんとか。
しかしこれも、現金収受の時代ならばなんとかなったかもしけないけれど、時代はETCによる料金収受システムの変更が今から間に合う気がしない・・・・


なんだよ~、今年の夏のツーリングはかなり制約があったり、普段どおりとは行かない気がしてきた・・・・_| ̄|○