あまりに寒くて・・・・ついにカップ麺を昼ごはんにシフト! グレードアップ版

めっきり寒くなってきて、お昼ごはんが冷たいお弁当だと辛くなってきた頃・・・・
営業から大量のカップ版味噌汁と、電気ポットの差し入れが! コレは嬉しい~! 温かい味噌汁があるだけで弁当に花が咲く・・・・


しかし私、味噌汁よりもお湯が嬉しい♪
毎晩食べていたカップ麺をお昼にスイッチしよう!(←さすがに一日二食は体に悪すぎると考えて夜は泣く泣く自主規制。)


そば・うどん系を攻めたいのですが、丼タイプだとお湯を大量に使うため、縦型カップタイプ。それではと\200円前後のグレードアップ版カップ麺シリーズを総なめしてみよう!


初日は、あっさり系と想像がつく日清食品『海老そば』。

f:id:vfr750f2:20161206144920j:plain
・有名店シリーズ 築地えび金 海老そば @ 日清食品
築地発! えび好きのための一杯!
  • 築地市場『えび金』の人気メニュー。えびの香ばしい風味が特徴のあっさりとしたしょうゆベースのスープは、えびの甘みと旨みがぎゅっと詰まっており、思わず最後の一滴まで飲み干したくなるような後引く味わいです。

中身の写真を撮るのを忘れましたが、細麺で食べやすく、そして海老は・・・・風味はあまり良くわからず。まぁ和風のラーメンとして頂きました。


翌日、今度はチーユ(鶏油)系かしら。

f:id:vfr750f2:20161206144921j:plain
・有名店シリーズ 播磨坂もりずみ 限定鶏醤油らぁ麺 @ 日清食品
鶏のうまみを凝縮させた繊細な"醤油らぁ麺"
  • 2年連続でミシュランビブグルマンを獲得した『播磨坂もりずみ』監修。お店の人気メニュー『醤油らぁ麺』をイメージしたこだわりの一杯は、コクのある鶏ガラベースの醤油スープに、かつおやホタテなどの魚介のうまみを加えた繊細でしっかりとした味わいが特徴です。

グレードアップ版カップ麺の各社共通の特徴として、袋とじ(?)の調味油が付属しているということ。
でも、この袋とじが付属しているだけで、味がぐぐっとアップして高級感が増すから不思議ですよね。

f:id:vfr750f2:20161206144922j:plain
・大きめの角切りチキンがゴロゴロ

具も大きめの角切りチキン(らしきオブジェ)がゴロゴロ。細めのストレート麺によく絡むスープ。スイスイと美味しくいただけます。
なかなか侮れないぞ、\200円価格帯のカップ麺。


さらに次の日。日清食品さんはコンプリートしたので、今度はサンヨー食品さんの同価格帯。横浜家系ラーメン
ちょっとあっさり系とは異なるギトギト系ですが、私個人的には家系ラーメンが好きなので気になるところ。あの極太の麺海苔ほうれん草がどうやって表現されているのかしら?

f:id:vfr750f2:20161206144923j:plain
・サッポロ一番 ご当地マシマシ 濃いめ 横浜家系ラーメン @ サンヨー食品
  • 豚骨のうまみに、鶏油のコクと香りを合わせた濃い味わいの豚骨しょうゆ味スープです。豚骨だしと醤油だれをマシマシにして濃いめのスープに仕上げました。麺はボリューム感があり、しっかりとした食べごたえがある、濃厚なスープとの絡みもよい存在感のある太麺です。具材のほうれん草の甘みとチャーシューのうまみがスープによく合い食欲をそそり、ねぎのさわやかな風味がスープの味を引き立てます。

おおっ! それっぽいじゃん
追加油を投入してかき混ぜてしまったのでチリチリになってしまったほうれん草ですが、フタを開けると一面真っ青に染まるほどほうれん草ネギ。そして太麺具合はまさに家系っていう雰囲気

f:id:vfr750f2:20161206144924j:plain
・家系で特徴的な太麺が、結構再現されているじゃん!

そして驚く美味しさ。うんうん、非常によく家系スープを再現していて、かつ太目の麺の食べごたえとかスープの絡み具合とか、かなり良いところをついているゾ♪♪♪♪


これはお気に入りですね。


さらに翌日は・・・・ニボ豚骨ラーメン。家系にニボシをプラスしたという感じかしら?

f:id:vfr750f2:20161206144925j:plain
・極どろ 特濃 ニボ豚骨ラーメン @ エースコック
独自技術『高粘度コラーゲン調味油』で仕上げる超濃厚『極どろ』シリーズ。
スープの濃さを高める『濃旨ダレ』でさらに濃厚感アップ!
  • 適度な弾力と滑らかさを併せ持った角刃の太めんです。めんに味付けをし、スープとの相性も良いめんに仕上げました。
  • 濃厚な豚骨醤油ベースに煮干しを加え、コクと香りのある本格的な味に仕上げています。別添のポークコラーゲン・調味たれを加えることで、ドロッとした濃厚感を演出しつつもしっかりコク・旨みを感じられる商品に仕上げました。
  • 程良く味付けした肉そぼろ、メンマ、色調の良いねぎを加え仕上げています。

確かに濃い。そして麺も太麺でスープが良く絡む感じで、前出の家系ラーメンとよく似ている・・・・
がしかし、先にコチラを食べていればそう感じなかったのかもしれませんが、味にまとまりがない! 濃くすることを第一目標に掲げてしまったからなのか、なんだかなぁ・・・・


昨日ほどの感動はありませんでした。
家系ラーメン、再度食べたいです。ケースで買っておこうかしら。

日記更新遅延がひどいため、本日は減力日記とさせていただきました。