豚丼 木ノ下 @ 東京都東久留米市

たまに、都内近郊で帯広豚丼が食べられるお店を検索すると、じわじわ~っ・・・・とですが、増えているんですね。


今回も、そんな増えたお店に寄ってみることにしました。
東京都東久留米市・・・・ってどの辺だっけ? おっと、電車の駅『西武池袋線・東久留米駅』なんてのがあるのね。

f:id:vfr750f2:20150418193840j:plain
・西武池袋線・東久留米駅

ずいぶん明るくてきれいな駅。最近建て替えた感がありありの新しさですね。


駅でショッピングもできる駅ビルも出来ているのですが、駅前は・・・・

f:id:vfr750f2:20150418193841j:plain
・東久留米駅 北口

猫の額。駅前はタクシー一台が通ればいっぱいの、道一本のみ。
念の為に書いておきますが、豚丼屋に行く最寄りの出口がこんな感じなだけで、他の出口にはロータリーが有り、バスも発着していました。


駅から5分ほど歩くと・・・・嫌でも目に飛び込んでくる、アピール度が満点過ぎる看板を掲げたお店発見!

f:id:vfr750f2:20150415225754j:plain
・アピール度満点な看板ですが、都会人は帯広豚丼のことを知らないのでその効果は・・・・?

デカデカと『豚丼』(笑)
でもねぇ・・・・北海道の人だとこの看板で、"あぁ~、帯広豚丼を食べさせてくれるお店かぁ~"と連想してくれますが、関東人には通じない可能性が大!


平日昼間の店内は・・・・ガラガラ。ちょっと不安になりつつ食券機へ。

f:id:vfr750f2:20150418193842j:plain
・ボタンが余りまくっている食券機

ラインナップは、豚丼ネギ豚丼の2種類にサイズ選択ってところかしら。


ネギ豚丼は、"青ネギがたっぷりのタイプ"とは異なっていそうな『ピリ辛』なんてポップが貼ってあるので避けて、ノーマルの豚丼にしよう。
サイズは・・・・迷ったらコレ・・・・って書いてある『豚丼 竹』\880円にしてみました。


店員さんに食券を渡すと・・・・『めしまししますか?
思わず何言っているか分からなかったのですが、なんとなく『大盛りにしますか?』と脳内翻訳して『いいえ』と。


どうやらコレのようです。

f:id:vfr750f2:20150418193843j:plain
・めし増しシステム

豚丼の松男盛りをオーダーした場合は、"メシ増しが無料"なんですって。
こりゃ~ね男気ムンムン系のお店を目指して、こういうシステムにしているのでしょうね。


焼きあがるまでしばし待ちます。お客は私だけ・・・・

f:id:vfr750f2:20150418193844j:plain
・静かな店内

なんと、店内設備は焼肉屋そのもの。ははぁ~、焼肉屋が潰れて、豚丼屋として再出発なのねっ!


そんなこんなで、『豚丼 竹』の登場。うわぉぉぉぉ~~~~~

f:id:vfr750f2:20150415225753j:plain
・豚丼 竹 ビジュアル最高!

すげぇ~豚の花が咲いているよ。""でこのボリュームかよっっっ!


値段が\880円、味噌汁とかお新香とかまで付いているというのに、この"盛り♪"。
ゴハンを普通にしておいてよかったよ~~~~


アップで見ても、大迫力。

f:id:vfr750f2:20150415225752j:plain
・豚丼 竹

枚数が多い分、お肉がペラペラ・・・・なんてことはなく、しっかりしたお肉


では、さっそく・・・・


うんうん、味の方向は間違いなく、帯広豚丼


でも・・・・


最後までこのまま食べ進められず、胡椒をかけたりタレを足したり
肝心の豚肉がパサパサというか、味がしないというか・・・・豚丼の主役が残念な感じ。系統的には御茶ノ水の『豚野郎』とか、新橋の『豚大学』なのですが、あちらは濃厚なニンニク系タレで、非力な豚肉をカバーして全体を仕上げているのですが、こちらは『由緒正しいタレ』(?)のため、豚肉の非力さが目立ってしまうんです。


あと、綺麗にデコレーションしているので時間がかかるのか、配膳されていた時点でアツアツじゃないというのも辛いところ。


帯広豚丼を出す貴重な店なので、ぜひ応援したいのですが・・・・もう少し、もう少し改善してくれると嬉しいなぁ。

帯広豚丼に関して1ページにまとめてみました。私のHPの 帯広豚丼 コーナーへどうぞ!