えっ!?春爛漫勝沼ツーリング2019アドベンチャー!?

先週も山梨県・勝沼方面にツーリングに行ってきたのですが、桜は満開でも桃はまだつぼみという、開花がラップしない不完全燃焼状態

https://…/2019/04/06/ 春爛漫!勝沼ツーリング2019 ただし最後はまさかの・・・・

なので、今週か来週にひそかに写真を撮りに行こうかと画策していたら、皆さん同じことを思っていたのかトンネルクラブの皆様からまさかの二週連続で出撃を知らせるメールが届く・・・・

f:id:vfr750f2:20190415150506j:plain
・中央道・藤野PA

集合時間集合場所先週と全く同じ(笑)
違うのは気温ね。猛烈に寒くて気温5℃。4月だというのにまるで冬のツーリング。良かったよ~一旦しまった冬装備を再び引っ張り出してスタンバイしておいて。


ホットコーヒーで暖を取りたくなってしまうし、屋外は寒いのでコンビニ内のスペースで暖房の恩恵を得させてください~!的な感じ。
藤野PAから見える2本の桜の木は、先週は一本が6分咲き程度でしたが、今日は二本とも満開! 先週の寒さでまだ花が散らずに残っている・・・・嬉しい反面、(桜より開花が遅い)桃の花が咲いていないのでは疑惑も。


咲いていないのでは?疑惑のパターンまで先週と一緒だな。


難しいのはこの後の進路。いつも迷うこの選択肢ですが・・・・

  1. 高速道路で楽ちんに勝沼直行
  2. 鶴峠・柳沢峠経由でクネクネ勝沼

・・・・今日は単純なバイク的な面白さや時間ではなく、積雪と凍結を考えねばならぬ。なんたってこの間の水曜日は季節外れの本格的な雪!でしたもの。


まあ、高速道路一直線という選択肢は存在しないので(笑)どうやって第二第三の回避ルートを開拓するか?なわけですが、そう都合よく代替えルートがあるわけではなく、日が昇り気温が高くなることを期待して鶴峠ルートに決定。
議論しても結果が変わることは端から無いのですが、議論したことが大事!(爆)


集合場所・時間が同じで、ルートも同じ、第一目的地も同じ。エッセンスのために、最終目的地は清里のソフトクリームと設定し、出発!
先週との違いは・・・・

f:id:vfr750f2:20190415150507j:plain
・県33 上野原周辺の桜も満開に

周囲の桜の開花状況
あちこちにポツポツと桜の木が植えてあるこのルートは、春を感じながら走れますよ・・・・


・・・・よね?

f:id:vfr750f2:20190415150508j:plain
・やはり雪が残っているか・・・・

鶴峠(H=870m)ごときでこの残雪なので、柳沢峠(H=1,472m)を超えられるのか?


日陰のコーナーはビビりつつも、道の駅こすげ(H=730m)。道中、せっかく上がりかけた気温も逆戻りで、気温4℃・・・・

f:id:vfr750f2:20190415150509j:plain
・道の駅こすげ

先週と打って変わって、バイクの数が少ない・・・・ みなさんわかりやすいなぁ~(笑)
あっ、そうそう。今回はえぬむらさんと私の2台ね


先週は蕾だった桜の木は・・・・

f:id:vfr750f2:20190415150510j:plain
・桜の木 @ 道の駅こすげ

・・・・う~ん、咲いてはいるけれどまだ3分咲き?


おっと・・・・こんなところにも元気な桜が。
さっきからメ~メ~♪と鳴いているのは、ヤギの『さくら』ちゃん。

f:id:vfr750f2:20190415150511j:plain
・さくら @ 道の駅こすげ所属

なんと村内の草刈りのために飼育されていて、村内ならば無料で派遣してくれるとのこと。今日は草刈り業務がないということなのね。
人間が近くに寄ってもメーメーと、ひょっとして何かを訴えているのかい?
・・・・まるで今日のツーリングの行く末を暗示しているかのようだ。

R411柳沢峠

世間は4月中旬・・・・もうこどもの日の準備のため、鯉のぼりも登場。
小菅村名物の谷をまるまる渡るダイナミックな鯉のぼりたち。

f:id:vfr750f2:20190415150512j:plain
・谷を渡る鯉のぼり @ 小菅村

こんな鯉のぼりたちを眺めつつ峠アタック。


なんと走行中にポケットからカメラを取り出す際に、モードダイヤルが意図せず回ってしまいマニュアルモードになっていて、バシバシ撮影した写真は全て真っ白!

f:id:vfr750f2:20190415150513j:plain
・露出オーバー気味の写真

しかし、あまりの雪景色に止まって撮影しようとした際に、露出オーバーに気がついてモードエラーを正すことができた・・・・危なかった!(笑)


でも・・・・でもね。正規の露出撮影とそんなに変わらない気がすると思うの。

f:id:vfr750f2:20190415150514j:plain
・R411 柳沢峠アタック

山の斜面も雪が溶けず、見た目は銀世界!


ここから標高が上がるほど、ビジュアル的にさらにヤバイ・・・・(汗)
最初のうちは一面の銀世界とロードサイドの雪を見て『うわを~』と笑っていましたが・・・・標高が上がると中央分離帯にも雪塊!

f:id:vfr750f2:20190415150515j:plain
・R411 中央分離帯にも雪が・・・・

う~む、ヤバイね~
過去の400cc時代にこのパターンで奥地に入り込みすぎて、氷に乗り上げて転倒したという苦い思い出が・・・・(泣)


・・・・という恐ろしい感じはしないかな。なんたって時々対向でバイクが走ってくるもの。何よりも安心を知らせてくれるお便り。通常と変わらないペースで流せるスノーツーリング。
さぁ、いよいよ峠が見えてきた!

f:id:vfr750f2:20190415150516j:plain
・R411柳沢峠まで、あと300m

写真には写りませんが・・・・寒い! すごく寒い!


空気まで完全に冬なので、峠からの富士山はとてもくっきり!

f:id:vfr750f2:20190415150517j:plain
・柳沢峠(H=1,472m)からの富士山

嬉しいんだか嬉しくないやら・・・・でも普段なかなか見ることができない状況に、ハイテンションであることは間違いない


雪だるまなんて、何年ぶりかしら!

f:id:vfr750f2:20190415150518j:plain
・雪だるま @ 柳沢峠

そんな雪にテンションが上がるのは、ライダー以外にもいるようで、海外のお嬢様


かわいいなぁ~

f:id:vfr750f2:20190415150519j:plain
・雪が楽しい海外のお嬢様

と思ったら、保護者の方2名がかなりバイクに対して陽性で、サスペンションやらウンタラカンタラを熱く(英語で)語っている・・・・
しかも乗ってきた車が、日本が誇る超高級車で首相とかの要人が乗っているイメージがあるトヨタ・センチュリー! 只者ではない!


えぬむらさんが直撃! うぉ~私はたまに出る単語しかわからない~!

f:id:vfr750f2:20190415150520j:plain
・海外旅行者との会話

なんでも、この車に乗りたくて仕方がなかったのだとか。中身を見せてもらいましたが、まるで新幹線のグリーン車のような巨大な座席に陣取るのはお嬢ちゃん(笑)
巨大なV12エンジンとか、多重のドアパッキンと、強制密着ロック(ドアだけでなくトランクその他も全て!)による静粛性。これが日本の高級車か!と、日本人のほうが知らない。


彼らも山梨側からここまでしか上がってきたことがないらしく、ここから我々が走ってきたルートで大月に抜けたいのだが、センチュリーで走破可能なのかを気にしていたので、道の状況情報を交換。良い旅を! 

慈雲寺

さ~て・・・・先週は100%の満開ではなかった慈雲寺のイトザクラ。あわよくば今週なら満開なのでは?
・・・・という期待とともにやってきました。

f:id:vfr750f2:20190415150521j:plain
・慈雲寺のイトザクラ

・・・・_| ̄|○
残念。完全に落ちてしまった・・・・まぁ仕方がないね。その代わり満開になりつつある桃の花を楽しもう


人の数が格段に少ないので、私は先週よりも今日のほうが好き

f:id:vfr750f2:20190415150522j:plain
・すっかり人が少ない慈雲寺周辺

そして草餅屋さんはまだ頑張っているなぁ。もう一袋レーズンを買う気が満々のえぬむら氏。


あぁ春爛漫

f:id:vfr750f2:20190415150523j:plain
・元気いっぱいの桃の花

私も桃を見るだけでなく、桃のドライフルーツもお土産に購入し、見て食べて楽しもう。そして先週も近くの別のポイントを教えてもらった大将に、今日もまた別の桜ポイントを教えてもらいました。


特にこうだという行動プランがあるわけではないので、こういう旅のエッセンスは大歓迎!
気分は大昔のファミコンのアドベンチャーゲーム。犯人はヤス・・・・的な、ポイントポイントで何かを聞きだして行動するパターンと酷似(笑)


次の捜査ポイントに向かおう・・・・

f:id:vfr750f2:20190415150524j:plain
・先週と全く同じ、フルーツラインでのバックショット

脇目で先週訪問した勝沼ぶどう郷駅の甚六桜を見ましたが、まだ咲いているゾ!まだまだ桜も見れるね。

景徳院

あれっ!? 昔ここに来たことがある!けれど、何をしに来たのかを思い出せない・・・・


今は桜が満開の、そして悲しい歴史があるスポット。

f:id:vfr750f2:20190415150525j:plain
・景徳院

織田・徳川連合軍に追われた甲斐国国主 武田勝頼がこの地で自害した、武田家終焉の地。その後家康が勝頼ら殉死者を弔うために建てた寺院。


ここは遅咲きの桜らしく、まだ桜が見れるんですって。武田家の家紋、武田菱が飾られた本堂。

f:id:vfr750f2:20190415150526j:plain
・景徳院の本堂

そしてここも、旬を過ぎたのかそれともあまり知られていないのか、いやその由来から人が近寄りがたいのか、人影が少なくてお花見にちょうどよい


そしていつもこの辺りのタイミングで小腹が空くのも、先週と一緒。

f:id:vfr750f2:20190415150527j:plain
・花も団子も

草餅を食べて腹を満たそう。
あぁ、まったり。

花見台

今日の本命は、桃の花が一面に咲き乱れる様子を俯瞰できる花見台。ここも隠れた名所のハズでしたが、近年のネットの力は侮れない!


まずは、高台に登る前の景気づけ

f:id:vfr750f2:20190415150528j:plain
・どこまでも、桃畑

この農道を流すのも好きなのよね。どこまで行っても桃色が続く道で、この季節ならでは。ようやく気温も上がってきてポカポカしてきたよ~!


・・・・というのは、ミスコースした言い訳でして(爆)改めて登頂開始。
桃畑の中を走り抜けていきます。

f:id:vfr750f2:20190415150529j:plain
・桃畑の中を駆け上がる・・・・

こんな狭いところ・・・・だからこそ観光バスがやってこない静かなところ。


まるで別世界のような花見台。高台から甲府盆地を眺められるのです。

f:id:vfr750f2:20190415150534j:plain
・春爛漫の花見台

辺りは今走ってきた桃畑だけでなく、平地まであちこちに広がっている桃畑を一望。標高が高い場所の開花状況は、あと数日で満開って具合で、低い場所は春爛漫状態。


ずら~っと、向こうの丘までピンク

f:id:vfr750f2:20190415150531j:plain
・街が一面、桃色だらけ(写真だとちょっとわかりにくいかしら?平地もピンクが点在!)

すこいねぇ~。この時期の甲府盆地は、どっちを見てもこんな感じ。


角度を変えて南アルプス方面
今日の冬のような空気はとても澄んでいて、町並みよりも遠くの山脈がくっきりと見える!

f:id:vfr750f2:20190415150533j:plain
・南アルプスにバイクも混ぜよう

かしかし・・・・御仁が言った。例のトンカツを食べよう・・・・と。あわててトンカツ屋のランチ営業時間を調べると、移動時間を考慮するとギリギリ。写真撮影も雑に切り上げて、ゴー!!
花より団子!

例のとんかつを食す! 美味小家(うまごや)

ところ変わって、例のとんかつ屋さん。
道中の写真を一切撮り忘れるほど、時間との戦いで必死に・・・・というか渋滞でドキドキしながら走ってきたので、途中の写真がないのです(泣)
まぁ、日記の進行を早めるという意味では良いか。


それで結果は・・・・

f:id:vfr750f2:20190415150535j:plain
・美味小家(うまごや)

間に合った!
ランチ営業は14時まで。13時半着で、行列していたりラストオーダー時間を考慮すると13時半までには着いておきたかったので本当にギリギリ(汗)


でも、行列はなく拍子抜け。
ホッと安心しつつ、どのブランド豚をチョイスしようかしら?

f:id:vfr750f2:20190415150536j:plain
・え~っと、メニューはTシャツに書いてあるんだっけ?(笑)

え~っと、ブランド豚Tシャツから選ぶんでしたっけ?(笑)
前回食べたやつを外してオーダーしたいなあ。前回のブログを大急ぎで読み返し・・・・えぬむら氏は三元豚、私はアグー豚をオーダー。


じゃ~~~~ん♪

f:id:vfr750f2:20190415150537j:plain
・アグー豚 熟成上ロースカツ定食

クドくない甘みと、超絶な柔らかさ!
他のとんかつ屋でもサシがすごい肉もありますが、胃がもたれもスゴい・・・・、ココはそういう下衆な心配が無用なの。なんだろう揚げ油のせい?お肉のせい?


デザートまで付けてくれるので、そんなに割高感がない・・・・

f:id:vfr750f2:20190415150538j:plain
・デザートのスポンジケーキ

ココの女将さん、ルール違反する客には容赦ないのですが、普通の人にはニコニコ。またココで新たな行き先のヒントを頂き、早速聞き込み・・・・じゃなかった、情報収集しにいくことに。犯人のヤスはどこにいるのだ?

帯那地区に行こう

トンカツ屋から真北に向かうと、人造湖の千代田湖
へっ!?最初に女将さんに『千代田湖に行け』と言われたとき、そんな場所有ったっけ?状態でしたが・・・・まだまだ狭い自分の体験


住宅街の中を抜け、林道的な登坂路。地図だとたしかにこの先に湖があることになっている・・・・

f:id:vfr750f2:20190415150539j:plain
・変な道

どんな場所なのか?


突然開けた視界に飛び込んでくる湖。ぐるりと取り囲む桜の木。程よい釣り人たち。

f:id:vfr750f2:20190415150540j:plain
・千代田湖

これこれ~、この雰囲気♪


湖を越えてやって来たのは、下帯那バス停。この近くで菜の花積み放題イベントが有ったんですって!

f:id:vfr750f2:20190415150541j:plain
・下帯那バス停

新たな桜ポイントを探すためには、自分の足で稼ぐしか無い。でもバス停周辺には何もないなあ。
辺りを探索してみると・・・・


あっ、多分ココだな。イベントそのものは先週で終わってしまっているのですが、雰囲気だけ偵察。

f:id:vfr750f2:20190415150542j:plain
・菜の花畑・・・・_| ̄|○

すぐ隣には巨大な桜の木が4本。視線の先に千代田湖もあるので、写真撮影にはもってこい!


あ~ら、素敵

f:id:vfr750f2:20190416210220j:plain
・桜の木の下で

こういうので良いのかもなぁ。

農道通ってクリスタル・・・・_| ̄|○

ちょっと寄り道してしまいましたが、いよいよラスト!針路は清里にセット。
トンカツついでにバイクにもガソリンを入れる予定でしたが、予定外に帯那地区に来てしまったので入れそこねた~!
私もえぬむらさんもガソリン残量はギリギリ。ナビによると清里・目的地まで30kmなので、清里周辺まで行けばガススタはあるし、給油は後回しでよいか。
ゴー


素直にナビに従うのではなく、あくまで紙の地図情報が優先。なんだか良さげな農道があるのでそちらに行ってみよう!

f:id:vfr750f2:20190416210221j:plain
・豪快な農道

・・・・良い!かなり良い!
見たところ道自体が新しいので、開通ホヤホヤってところね。


かなり良いのだけれども・・・・
パンダさんが(泣)

f:id:vfr750f2:20190416210222j:plain
・これじゃぁ、手も足も出せない・・・・

この道は捨てがたいですが、ペースが上がらないのでは仕方がない。他の道にスイッチ!


韮崎から先は、通り慣れた茅ヶ岳広域農道ひまわりの道といったほうが想像しやすいか?

f:id:vfr750f2:20190416210223j:plain
・正面には八ヶ岳がドーン!さくらもドーン!

空気が澄んでいて、正面に八ヶ岳、右手には茅ヶ岳を見ながら快走!


そして頭打ちのT字路。清里へは目の前の山をもう一つ超えねばならぬ
左に折れて下界経由のイージーコースと、右に折れて林道クリスタルライン経由のハードコース


え~っと・・・・愚問だったな。問答無用で右ね


目標は『森のラーメン屋』か。
あっここね!県道を反れ、とても怪しい林道。こんな山奥でラーメン屋を営業する魂がすごい!

f:id:vfr750f2:20190416210224j:plain
・県610から怪しい道にスイッチ

落ち葉も浮き、スローペースで進む・・・・


ようやくラーメン屋。

f:id:vfr750f2:20190416210225j:plain
・森のラーメン屋は・・・・休み

でもクローズ。我々はラーメン屋が目的ではないのでダメージゼロですが、ココ目当て出来た人はどんな気持ちになるのだろう・・・・


更に駒を進めると・・・・

f:id:vfr750f2:20190416210226j:plain
・まさかの冬季通行止め!

絶望・・・・_| ̄|○
ラーメン屋に来た人と同じ気持ちを味わえたジャン(笑)
いや違うの。かなり奥地まで来て目的地まであと10kmの何もないところでゲート。ここから県道まで戻って迂回するとなるとかなりの大回りガソリン残量がヤバい!


VFR800F(RC79)の燃料計は最後の目盛りになってから長いし、えぬむら号も残り30kmとコンソール表示。
信州峠経由で清里を目指したのでは、たぶんガススタまで行き着けない・・・・仕方がない、ここは下界に戻るか。しかし下界まで持つかも怪しい!


あぁ神のイタズラ(泣)


ふぃ~、危なかった!

f:id:vfr750f2:20190416210227j:plain
・なんとかガス欠は免れました(汗)

えぬむら号は給油量から逆算すると残量は1リットル未満・・・・怖っ!


再び信州峠超え時間的に厳しくなってきたのて、仕方がないイージーコースで駒を進めよう。

清里でチョコレート

場面は一気にワープして、清里のチョコレートショップ。チョコレートも買えますし、ソフトクリームも。

f:id:vfr750f2:20190416210228j:plain
・アルチザン パレ ド オール

ちょっと・・・・いや、猛烈に寒いけれどソフトクリームも食べよう


・・・・美味っ!

f:id:vfr750f2:20190416210229j:plain
・パレドオール ノワール

さすがチョコレート屋。濃いわ~。お土産に『俺のショコラ』もゲットしたしね。今日のお土産は完璧だ!


ココまで来たのならば、清泉寮のカマンベールチーズパンを買いたいところでしたが、先程のロスタイムが響き、ちょうど店じまい時間。


そう言えば・・・・ここに来ることばかり考えていたので、この先のことを考えていなかった・・・・


北に行こうにも、R299や県124ぶどう峠は冬期通行止めなのでR254下仁田まで抜けねばならぬのでかなりハード。すると帰り道は、来た道を戻るか高速道路しかない(泣)
晩ごはんにアフガンでカレー?案も、さっきトンカツ食べてお腹いっぱいだしなぁ。


高原道路を流して道の駅小淵沢で、温泉入って帰るか・・・・? 

最後に温泉入って帰るはずが・・・・ぉぃぉぃ

高原道路を爆走・・・・が、気温3℃!
今日は行く先々で気温の変化が激しすぎるって!

f:id:vfr750f2:20190416210230j:plain
・県11 八ヶ岳高原ライン 東沢大橋

またしても道路には雪が出現し、低い気温と相まって恐怖!!


だが、これを乗り切れば温かい温泉だ!との希望をもとにサムゾラを走ります。


ノーぉぉ! かすかな希望は奈落の底へ!

f:id:vfr750f2:20190416210231j:plain
・八ヶ岳高原ラインが・・・・通れない!

まじかよ~、またもやこんな場所で通行止めトラップかよ~!
さっきのクリスタルラインと言い、正規の起点から走ってくれば通行止め予告があるのでしょうが、我々のようにフラフラと合流すると、その情報にありつけないのよね(泣)


がしかし・・・・通行止めをくったその場所は、カレー屋アフガンの目の前(笑)
も~、今日は自分の意志ではなく、誰かに行動を誘導されているとしか思えない! さっきまでお腹がいっぱいだと言っていた御仁も、カレーを食べていこうとこの状況に乗り気になっている!

f:id:vfr750f2:20190416210232j:plain
・ヴィラ アフガン

という訳でカレー屋に吸い込まれていく・・・・
前回訪問時は大行列だったというのに、今日はガラガラ。まるでココに導かれるようにやってきた・・・・ということはゲームの流れ的に犯人のヤスはココにいるのか!?(笑)


流石にあのベーコンカレーは無理なので、あの強烈なインスタ映えメニューではない系列を狙おう。

f:id:vfr750f2:20180608235156j:plain
・【使いまわし写真】前回ハマった!厚さ10mmの巨大なベーコンと、ローストポーク

私は無難にシーフード系
ていうか二人とも考えは同じらしい。じゃぁなぜこの店に来たのだ?と思うものの、運命には逆らえぬ


あさりカレー。前回ノーマルで余裕で食べられたので、やや辛でオーダー。(←日記を改めて読み返したら、前回も"やや辛"だった(泣))

f:id:vfr750f2:20190416210233j:plain
・あさりカレー やや辛 @ ヴィラ アフガン

おっ! 確かにやや辛くて、食事がススム君美味い! あの巨大なベーコンがなくても良いなっ!


でも・・・・帰り際にこちらから話しかけてもいないのに、店員さんが・・・・って、あーダメダメ。今日はすべて有言実行になっちゃっているんだからー!!!


バイクの人ですよね、夕暮れ時のこの辺りは鹿が飛び出してきますから、気をつけてくださいね』・・・・
ほっ、鹿か。これならばエキストラでも仕込まない限り大丈夫だろう。

今度こそ温泉に入って帰ろう

ここまで来たら、ツーリングフルコースだ! 意地でも温泉に入って帰ろう。


えぇ・・・・そして本当に鹿が飛び出してきましたよ。 店からわずか100mほど走っただけで(驚)
今日は、店を人が言うことがすべて叶うツーリング!?


最後の最後は温泉でハッピーエンディング。

f:id:vfr750f2:20190416210234j:plain
・甲斐大泉温泉 パノラマの湯

あまり距離は走っていない気がするのですが、疲れたー!


そんな訳で、あっちフラフラこっちフラフラ通行止めトラップに遭いつつもイベント充実のツーリングフルコース、お疲れ様でした!

f:id:vfr750f2:20190420131103g:plain