走れ!いや走るな、くつろげ!伊豆一泊ツーリング

リフレッシュ制度・・・・何でも良いから外に出てリフレッシュしてこい的な会社の制度(領収書も切れる!自営業みたい~♪)なのですが、インドア派ならまだしも、普段からあちこちツーリングをしている身としては、あまりリフレッシュにならない・・・・というか、普段がリフレッシュしすぎだったのか(笑)

https://…/2018/06/05/ リフレッシュ制度!?

さすがにソロツーでこれを使い切るのは気が引けるので、妻と旅行かしらね。勤続休暇と組み合わせて北海道旅行?はたまた北海道ツーリング?
しかし・・・・うちには猫のトムくんがいるので長期旅行は不可能だな。それではと、思いっきり短距離にするかわりに、豪華にスパークすることに。


トイレを増設、ゴハンや水も複数箇所にたっぷり置いて、エアコンも24時間つけっぱなしにして出発!

・お留守番よろしくね、トムくん (最近の暑さで、すっかりバテ気味なのよね・・・・)

一人っきりにしたことがないから、大丈夫かなぁ?


ネコ準備等があったので、出発は8時30分と、ツーリングとしてはやや遅め
でも、いつも宿泊ツーリングの時に宿の使い方が下手くそで、疲れて寝るだけになってしまい悔やむので、今回はぐっと走行距離も抑えてみることに。

・中央道 八王子TB

まぁ、酷暑が続いているのであまり長時間屋外にいられなさそうだし、ちょうど良いね。
出発が遅いのと、世間一般は3連休なので4キロほどの渋滞に巻き込まれましたが、それ以外はすべて快調~!


なんたって、都心から離れようとすると大変だけれど、同心円状に移動だからね・・・・

・心配無用!ガラガラ圏央道

目的地が伊豆半島なので、二輪車ツーリングプラン(東名高速&中央道 首都圏版)ベストマッチ!
往復の高速と、湘南付近のすべての有料道路が全てコミコミ\3,000円は、意外と使い勝手が良い気がします。


圏央道・海老名JCTからは、小田原厚木道路にスイッチ。こちらも空いているのですが、Googleナビはしきりに海岸線に出るように誘導。
どうやら小田厚の末端で、橋の架替え工事をしているので渋滞している模様。

・こ・・・・この暑さは危険だ! @ 西湘バイパス

しかし、海岸沿いの西湘バイパスは、別の意味でキケンだ~~~~! 雲ひとつ無い快晴が、ジリジリと日差しが照りつける灼熱地獄を形成
新ヘルメットのサンバイザーを降ろして、さっそくスモークモード発動。今までの人生の中では一貫してクリアシールドを使い続けていたのですが・・・・スモークは目が楽だわ~♪


小田原の街で寄り道。
普段だと通過してしまう街も、足が短いツーリングだと、寄っていく時間がある・・・・っと、その前に、ランチ!

・"冷やしおろし天そば"で涼を取ろう

外は暑すぎるので、体の内側からも冷やさないと。
行列を避けるために、開店直後のお蕎麦屋に入ったのですが、これが吉♪


食べ終わってお会計をしている場面で、『予約はしていないのですが、25名は入れますか?』って。
ちょうど目の前の小田原城でイベントを開いているようですが、その関係者が一気に来店。おいおい~、せめて予約しておくか、分散して来ようよ・・・・


食後は、小田原城見学。近くて遠い小田原城は、初訪問!

・お城見学 @ 小田原城

さすがお城。そう簡単には天守閣には近寄れず、まずは橋でお掘りを渡る。


そして防御の要、常盤木門を通過。門の上には弓矢を放つ攻撃部屋。

・常盤木門(再建) @ 小田原城

この小田原城の特徴は、城の回りのお掘り以外にも、小田原の街全体を囲む空堀と土塁があり、難攻不落
上杉謙信や武田信玄の攻撃にも耐え抜いたのですが、大地震では崩れ落ちてしまう・・・・(←超ざっくり解説。間違い多数なので信用しないでね。以下同じ。)


一度は更地になったけれと、昭和35年に再び復元された、天守閣のような外観をしているビル(笑)。

・小田原城天守閣

入館料\500円で入れるそうなので、せっかくここまで来たのであれば入ってみましょう。
なんと、一時期は本丸付近が遊園地になっていて、観覧車が鎮座していた・・・・その名残りで、現在もミニ電車やゴーカートが残っている・・・・


内側はお城資料館になっていて、北条さんその他のお勉強が出来ますし、外回廊に出ることも出来ます。

・小田原城天守閣からの眺め(南西方向)

おお~、海がすぐそこだ~。眺めは良いけれど、海からの攻撃に備える必要があるわね。


右手側は箱根の山並み。
薄く雲がかかっていて、ここ下界よりは涼しそう。早く山に登りたいわ~


という訳で、速さ・快適さを求めて有料道路・箱根ターンパイクで一気に山頂へ・・・・

・アネスト岩田 ターンパイク箱根・・・・!?

あれっ!? また名前が変わっているよ・・・・東急時代が長かったから『東急ターンパイク』というのがしっくり来る世代なのですが、トーヨータイヤに変わり、さらにアネスト岩田?
全く知らないぞ? ついネットで調べてしまったら、工具メーカーらしいですね。ネーミングライツの効果が出ているじゃん!


写真で見ると、見るからに暑そうなターンパイクですが、グイグイと登坂すると一気に気温が下がり28℃下界とは5℃も違うとだいぶ楽。こりゃ~良い。

・うわ~すごい日差しの夏景色! @ ターンパイク

箱根峠まで登ったら、稜線を移動する伊豆スカイラインを流します。猛暑のためか、バイクの台数は少なめ。


こちらも言わずもがな快走路

・伊豆スカイライン

熱海峠ICからスタートして、前半部分は視界が利き、パラグライダーも飛び交う高原の景色


冷川ICから下道にスイッチすると、伊豆らしい山の合間に広がるコンパクトな田んぼ。

・夏の伊豆景色

夏だねっ!


途中の道の駅・天城越えで小休止。わさびソフトクリームでも・・・・いや、さくらんぼ佐藤錦のソフトクリームがあるので、そっちにしよう。

・佐藤錦さくらんぼソフトクリーム @ 道の駅天城越え

しまった~、この手のやつはソフトクリームではなくてシャーベットだったわ・・・・_| ̄|○


さあ、もう宿に向かおう。峠を走るより単調でつまらないけれど、一応ハイライトのループ橋

・R414天城越えのハイライト 七滝高架橋(Nanadaru-spiral bridge)

ただ、日本語名称だと『七滝高架橋』であり、ループを感じ取れる要素なし。英語名のほうが、スパイラルと入っていてそれっぽい感じがしますね。


一気に西伊豆まで駒を進め、本日のお宿『堂ヶ島ニュー銀水』。

・堂ヶ島ニュー銀水(翌日に撮影)

敷地に入った途端にドアマンに誘導され、完全防御の屋内駐車場。直ちにベルボーイが張り付いて『荷物をお持ちします。』と、時間がかかるパッキング解除の時間をじっと待機。
こっちが緊張しちゃうわ~(笑)


部屋までご案内を兼ねて、荷物を持っていただく・・・・
やべぇ、この感覚は初代北海道ツーリングの際に飛行機にバイクを積むANAスカイツーリングを使い、稚内全日空ホテルに泊まったときが蘇る~!!
今日も当然バイクで来ているツワモノは我々だけだし(爆)

・最上階の角部屋!からの眺望

通された部屋は、最上階10階の角部屋! ゴージャスな眺め!


さっそく温泉に。もちろん同じ景色を見ながら入れる露天風呂と、広~い内風呂。


そしてお楽しみの夕食

・お楽しみは晩ごはん 写りきらないほどたくさん~♪

ズラ~っと並ぶ海鮮づくしな料理たち


お刺身盛り合わせはもちろん、伊勢海老がまるまる一尾♪

・一人一尾 伊勢海老のお造り~♪♪♪♪

きゃー、美味しい~♪


アワビまで付いてくるし。

・活けアワビの踊り蒸し~♪

エクセレント~


メニューが多すぎてわけがわからん!

・なんだか行数が多すぎて訳がわからん・・・・

しかも、他のテーブルと違い、このテーブルだけは一品一品料理を後から出してくれ、その都度下げてくれるサービス付き。


旨い料理には美味い日本酒・・・・といきたいところですが、夏の暑さと温泉で蓄熱した体を冷やすには、これが一番!

・やっぱりコレでしょ 生ビール大ジョッキ!

生大ジョッキ!(ホテルだから、ジョッキサイズも上品に小ぶりね。)
ぷはぁぁぁぁ~~~~!


さっき食べた伊勢海老は、もちろん味噌汁にしてくれるので、最後まで豪華。

・締めまで美味い!

何の変哲もないゴハンと味噌汁が、この上ない幸せゴハンに変身♪


酒が回ると、昼間の猛暑で疲れが3割増なので、バタンQ・・・・
相変わらず宿の使い方が下手くそなようですが、リフレッシュは出来た気がしますよ。

今日の走行: 234.8 km