VFR800F(RC79)にFTM-10Sを取り付ける・・・・アンテナ設置編

最近毎日のように連投している、FTM-10S無線機日記。今日は、アンテナの取り付けをしてみます。
アンテナの取り付け場所・・・・ノーマル状態だと絶望的だったのですが、トップケースは付けないけれど純正リアキャリアだけ取り付けておいたので、なんとかここに取り付けるしかなさそう・・・・

・RC79純正リアキャリア

幸いに、M8ボルト穴が4つ開いているので、これを使えば良さそう。


まずは、作戦会議。
RC36に取り付けていた当時の姿のままの汎用ステーと、それに取り付けてある可倒式アンテナ基台

https://tarsama.hatenadiary.com/entries/2007/08/22/ 無線アンテナ設置準備

細かく振動するのを防ぐため、厚さ4mmのクロム製・カチオン電着塗装したもの。だいぶ劣化していて、黒・・・・いけれど、だいぶ淡い黒(笑)

・RC36時代に使用していた汎用ステーの先に、可倒式アンテナ基台

取りあえずそのまま利用できるのか、現物合わせしてみましょう。


リアキャリアのボルト穴を利用するために、強大なトルクをかけられるM8キャップボルトに、カラーを適当に買ってきました。

・感覚で選定してきた、ステンキャップボルトと、カラー

リアキャリアの裏側に突起があるので、それを避けるのには
カラーが要りそう
なのですが、長さとかは目分量で、取りあえず15mmを選定。


こんな感じだと・・・・

・ボルト穴が合わない・・・・

ステーの穴と、ボルト位置が合致せずにダメ


それではこれだと・・・・

・これも微妙・・・・あとテールランプに干渉するね

ボルト位置はギリギリ合うけれど、テールランプカウルに干渉しそう・・・・


このパターンならば・・・・

・このパターンかな?

ボルト位置もぴったりだし、他との干渉も無さそう


だたし、ステーの延びる方向が、バイクの進行方向から90°に変わるので、可倒式アンテナ基台の可倒方向が問題に
バイクカバーを被せて保管する関係上、アンテナは倒れてくれないと都合が悪い・・・・

・アンテナ基台の方向を90°回転

おっと! この基台、可倒方向も調節ができるじゃん。これもクリア。


アンテナを取り付ければ・・・・
げげっっっ! 基台を固定する小さな六角ネジを舐めてしまった・・・・_| ̄|○

・ほぼ完璧!

この基台を固定する小さなネジですが、横Gがかかると緩んでしまう力が掛かるので、ネジロック材を塗布して強力に締め付けておく箇所だったのです。

https://tarsama.hatenadiary.com/entries/2008/01/19/ 無線アンテナ設置強化
https://tarsama.hatenadiary.com/entries/2008/09/16/ アンテナ基台のメンテナンス

そんな経験から、このネジは思いっきり締め込むのですが、そんな締め込みの最中に・・・・グニャっと(泣)
それも、まだ強大という前の緩やかに締め込んでいる段階で


かなり長い間使い込んでいる基台なので、ネジも劣化しているのかしら。
あと、15mmのカラーも少し長すぎるみたいで、5mmでも行けるかも! ナットもいるなぁ。ついでにキャップボルトは黒いのを探してこよう。


よし、もう一度ホームセンターで、機材購入して微調整かな