午後は和歌山まるまる自由時間♪ でも雨なのよね・・・・(泣)

水曜日に和歌山県に来て、打合せ漬け3日間。しかし十二分に時間を取っている時に限って順調に進み今日・最終日は午前中で業務終了・・・・
今日の和歌山は天気は下り坂だし東京は今日の夜から雪の予報


同僚らは夜までに東京に戻る!と速攻で帰って行きましたが、私は今晩もここ和歌山駅直近に泊まっていくのよね。

f:id:vfr750f2:20160131092548j:plain
・雨の和歌山駅

それなりに雨が降っているし・・・・、本当は和歌山城とか行ってみようかと思っていたのですが、キャリーバッグを引いて歩きまわるのは困難だな・・・・(泣)


さ~て、どうしたものか・・・・


おや?

f:id:vfr750f2:20160131092549j:plain
・どっちにしろ今日は帰れないらしい・・・・

どうも駅構内が騒がしいと思ったら、橋脚にトラックが突っ込んだんですって。おぃぉぃ~、線路が歪んだりしているとか一大事じゃないのか?
多分さっき旅立っていった一行も、これに捕まっているんじゃないのか?


まぁ、明日までに回復していることを願っておこう。


む~ん。この雨の中で、雨に濡れずに和歌山を楽しむ手段を、私は一つしか知らない・・・・


タマ駅長亡き後の貴志駅長に就任した、ニタマ駅長に会いに行こう!
切符を買って、和歌山電鐵のホームに行ったら、ちょうど発車ベルが鳴っており、駅員さんに早く早く~と。本当なら駅の雰囲気とか電車の写真を撮っておきたかったのに、とりあえず乗車。

f:id:vfr750f2:20160131164730j:plain
・いちご電車の車内 @ 和歌山電鐵

まぁ、いちご電車なるスペシャルラッピングなやつが来ていたので乗っちゃった。
今日は、少なくともホテルのチェックイン時刻までは時間を潰さなければならないから、そんなに急ぐ必要もないんですけれどねぇ。


と思ったら、この電車は途中駅止まり

f:id:vfr750f2:20160131164731j:plain
・突然のローカル駅にて次の電車待ち。

おぃぉぃ~、車内でボケーってしていたら、いきなりローカル色豊かな駅の寒空の下に降ろされてしまった・・・・
ほとんどのお客さんは駅の外に行ってしまいましたが、残った乗客数組のみなさんはキャリーバッグを引いている観光客風。みんなニタマ駅長に会いに行くのだとすれば、スゴい集客パワーなんだなぁ。


そうだった・・・・電車の写真を撮っていなかったから、今のうちに撮影しよう。なんか難しい行き先駅名ね。

f:id:vfr750f2:20160131092550j:plain
・いちご電車 @ 和歌山電鐵

なぜ『いちご電車』なのか調べてみたら、この辺りはイチゴが名産なんですって。


いちご電車を車庫に移動させるらしく・・・・って、今時珍しく、手動で転轍機を操作

f:id:vfr750f2:20160131092551j:plain
・まだまだ現役な手動転轍機 @ 和歌山電鐵

オブジェとして残っているのは結構見かけるとしても、現役で毎日のダイヤ内で常用しているのがスゴい。


しかも、手で操作したあとに、キチンとレールが密着しているのか指差喚呼。

f:id:vfr750f2:20160131164732j:plain
・手動転轍機がちゃんと切り替わり、密着しているのかを指差喚呼

係員さんが代わり代わり、数人が密着を確認していました。ここに隙間が空いていると、簡単に脱線してしまうからなのでしょうが、こういう基本的な動作を、転轍機を操作するたびに繰り返すのって、本当に大変!
こりゃ~、数十年も繰り返していたらヒューマンエラーを起こしそうだなぁ。電動に切り替わったのは、集中制御もそうですが、センサーで確実な切り替わりを検知する安全確保の面も大きそうな気がします。


終点の貴志駅に到着~

f:id:vfr750f2:20160131092552j:plain
・貴志駅 また会いに来てしまいました 新任ニタマちゃんに♪

この駅の駅長は、ネコのニタマちゃん。初代の『たま駅長』が昨年6月に死去してしまったので、先ほど途中で降ろされた伊太祈曽駅長から勤務地変更となり、たまII世駅長となったんですって。

前回の貴志駅訪問時の日記

https://…/2012/10/18/ 仕事上がりには・・・・和歌山観光

こんにちは。ニタマちゃん!

f:id:vfr750f2:20160131092553j:plain
・貴志駅長 ニタマ

デカっ! 自宅のトムくんを見慣れてしまっているので、より一層巨大に見えるニタマ駅長
そしてさすがネコ。常にぐっすりと寝ています。これもトムくんで見慣れた光景・・・・(爆)


おっ、起きていましたか、失礼~! 前足をペロペロしたら、また寝てしまいました。

f:id:vfr750f2:20160131092554j:plain
・ペロペロ~♪

よくみるとベッドみたいなやつに電気ケーブルが伸びているので、コレ全体がヒーターになっているのね。猫の習性を上手く利用して、このベッドが一番居心地が良いようにして、常に乗客からの目につくようになっているのかぁ。


次の電車まで待ち時間があるので、駅舎内に有る喫茶店兼お土産屋さんたまカフェ』で・・・・軽食でも・・・・

f:id:vfr750f2:20160131164733j:plain
・メニューは・・・・ホットキャット!?

あれっ? 『ホットドッグ』じゃないの?
この駅では犬は禁句で全てネコなのね。しかしよく見るとソーセージは豚肉じゃなくて『魚肉ソーセージ』だったり『カニカマ』だったりと、ホットドッグではなくネコが好きそうなパーツで構成されているので『ホットキャット』なのねっっっ!(笑)


そう言えば、前回たま駅長に会いに来た時も、雨だったねぇ。今回もそうですが、おかげで駅の周辺は一切探索できていない・・・・


帰りの電車は、前回も乗った『おもちゃ電車』がやって来ました。

f:id:vfr750f2:20160131092555j:plain
・おもちゃ電車 @ 和歌山電鐵

いちご電車は、塗装をイチゴのイメージにして、内装はそのままイチゴ系模様にしただけでしたが、改造2回目となるおもちゃ電車では、車内にガチャガチャやおもちゃ棚を設置して、より一層遊び感を前面に押し出しています。


電車とは思えない楽しさ♪

f:id:vfr750f2:20160131092556j:plain
・車内にはおもちゃ棚

子供やら、観光客は大喜びだろうなぁ。関空が近いせいか、意外と海外の方もいるのに驚き! 日本の電車が全部、こんな遊び心があるわけじゃないのよ(笑)


約2時間で、和歌山駅に戻ってきました。

f:id:vfr750f2:20160131092557j:plain
・和歌山駅に戻ってきました

JRのホームとは異なり、このホームだけはレトロ感がたっぷり
おっと、JR側にも国鉄時代から活躍している103系とか105系がゴロゴロしているので、まるでタイムスリップしたような感覚


和歌山電鐵のホームは、JR駅構内を通らないと外に抜けられない構造になっているので、合法的にJR駅構内に立ち寄り


気になっていた、前回はクローズしていたホーム上にある弁当売店&駅そば

f:id:vfr750f2:20160131092558j:plain
・前回閉まっていた、ホロもない弁当売店が開いている!

今日は開いているようで、安心~。これで、いつでも駅そばを食べられますね♪


しかし、よく観察していると、こんな悲しい掲示がありした。

f:id:vfr750f2:20160131092559j:plain
・な・・・・なんと、あと3日で閉店!! @ 和歌山駅2・3番線ホーム 阪和第一食堂売店

なぬ~~~~っっっっ!
今週末で営業を終了するですって~~~~!!!


このホームの弁当売店・駅そばだけでなく、他のホーム上にある『水了軒』運営の駅そば&弁当売店やら、kiosk売店までクローズするという予告が掲示。
えらいこっちゃ~。
なにが何でも、今回滞在予定の今日明日で駅そば2店舗を制覇せねば!


というわけで、いつものかき揚げそば・・・・は無いから、天ぷらそばにしようとしたら『今日は天ぷら終わっちゃったんですよ~』と。

f:id:vfr750f2:20160131092600j:plain
・天ぷらそば・・・・は売り切れで、ワカメそば \310円

仕方がなく、わかめそばすごく良心的な価格設定。この値段じゃぁ、相当数が出ないと儲からないのでは?
値上げして営業継続を・・・・いや、全ホームで別の業者が運営している店舗も全て閉まるということは、工事か何かの都合かしら?


関西風の透き通る汁で食べるそば、美味いなぁ~!


イレギュラーで駅そばを食べてしまいましたが、その前に実は『駅弁』も買っていました。

f:id:vfr750f2:20160131092601j:plain
・駅そば食べる前に買っていた・・・・小鯛雀寿司@和歌山駅弁

和歌山駅の駅弁って『○○寿司』と名付けられたものが多く、その中で前から気になっていた『小鯛雀寿司』。値段もびっくりな『特上』なんてのもあるそうですが、まずは『無印』で様子見。


ホテルを早めにチェックインし、オヤツのつもりでオープン!
鯛のにぎり寿司が、6つ入っています。

f:id:vfr750f2:20160131092602j:plain
・うわ~~~~! 美味いっ!

これが・・・・すごいの身が締まっているのか、コリコリした歯ごたえもあるほど。
程良い締め加減と相まって、淡いけれど、とても幸せを感じる味♪


思わず食べながら頷いてしまいました。
特上になると、さらに身が分厚くなり、最高の歯ごたえを得られるんでしょう(1貫500円以上!)。おいそれとは手出しできませんが、無印でここまで美味しいとなると、次回はぜひ特上にもチャレンジしてみたくなります。


・・・・以上、雨の半日・和歌山観光なのでした~