思わぬ形で実験する形に・・・・ポリプロピレン接着剤

ヒビが入ったパニアケースをスマートに修復出来るかもと、期待して購入しておいた接着剤
パニアケースの材質が難接着材質であるポリプロピレンのため、今まで愛用していたセメダイン製『SUPER X』では接着できないのです。

https://…/2015/09/15/ 最終目標はパニアケース接着! ポリプロピレン接着剤を実験してみよう・購入編

f:id:vfr750f2:20150919194537j:plain
・【使い回し写真】ポリプロピレン対応接着剤 コニシ製・セメダイン製

コニシ製SUプレミアムソフトとセメダイン製PPX
実際にパニアケースに使う前に、何かで実験してみようと思いつつ、時間ばかりが経過。


そんなとき、そろそろ寒くなってきたのでジャージを着ようかと思って、ファスナーを引っ張ったらツマミ(?)がモゲて。しまいました
金属製の短いツマミに、プラスチック製のツマミと取り付けた構造だったのですが、固定する爪が劣化してしまったのか、そのまま再使用できません。


じゃぁ、接着だな
使い慣れている弾性接着剤、セメダイン製SUPER Xで接着。24時間後に使用してみると・・・・
あれっ?接着出来ていない! プラスチックのように見えたのは、ひょっとしてポリプロピレン製!?(もしくは、ポリエチレン製?)


それではと、ものは試しでポリプロピレン対応接着剤、コニシ製SUプレミアムソフトを投入。

f:id:vfr750f2:20151013183057j:plain
・短い金属部分に、接着剤を塗布

とても短い金属部分に、黒い接着剤をたっぷり目に塗布し、プラスチック部分を取り付けます。


こちらも完全硬化に24時間かかるなど、性質はSUPER Xにそっくり


さて24時間後・・・・

f:id:vfr750f2:20151013183058j:plain
・接着完了。境目は爪で擦ったので多少汚いですが・・・・

おぉっ! 付いている!
固まった感じもSUPER Xにそっくりな弾性接着って感じ。
硬化後に残っているペトペト感もSUPER Xそのもの。はみ出たところを爪でそぎ落とせたりするところも(笑)


違いと言えば・・・・弾性と言いつつも、コニシ製SUプレミアムソフトの方がちょっと粘りがあるかな?と言った程度。
バイクのような屋外で使用しても、十分な耐候性を持っているのか?とか、電気的に絶縁?とかもうちょっと調べてみますが、ファーストインプレッションはなかなかといった感じです。