豚丼・・・・なのかしら? 豚丼・きみお

今日は・・・・というか、実際はこんなに毎日豚丼を食べ歩ける時間が無い(泣)ので日記時系列はテキトウです。


こんな素敵な青空の日、都内だというのにこんなに"さわやかな景色"のところを通ってみました。

f:id:vfr750f2:20150511212954j:plain
・さわやか~

地平線・・・・とまでは行かなくとも、結構な見通し


前を向くと・・・・

f:id:vfr750f2:20150514215512j:plain
・右前方にかすかに見えるのは・・・・西武ドーム

西武ドームが見えます。


ここは、東京の水瓶の一つ多摩湖の上堰堤。でも、多摩湖というのは愛称で、正式名称は『村山貯水池』。英語名称だと『ムラヤマ・リザーバー』。
ほ~。
バイクのリザーブタンクとか、コチラのほうが『ピン』と来ますね。


飲水をココに貯めているだけで、湖じゃないんだ・・・・と。


そんなさわやかな道を通りぬけ、埼玉県に突入ししばらく走り、航空自衛隊入間基地の近くのこのお店が、今日のターゲット!

f:id:vfr750f2:20150514215513j:plain
・豚丼 きみお

入曽の豚丼』と歌ってある、豚丼のお店・きみお・・・・。ネット上の情報だと、元はスナックだったのを、そのまま豚丼屋にクラスチェンジしたらしいです。


まぁ、このお店の隣もスナックだし、このお店もそのまんまスナックの外観
中が全く見えないこのスタイルで、まるで玄関のような木の扉を開けるのに、ほんのちょっと躊躇しますが、一歩中に入ると、元ママさんと思われる女性がものすごくニコニコ元気に『いらっしゃいませ~』!


あぁ~、びっくりした~!(笑)


日曜12時過ぎ(←重ね重ね、実際の日付とのズレは気にしないでください。)の訪問で、ファミリー客が1組。そして私はカウンター席。
その後も食事中に1組帰り際にも1組訪問と、意外や意外にお客さんが訪れているようです。


さて、何を食べようかしら・・・・って、質実剛健過ぎ。豚丼か、チャーシュー丼だけ。

f:id:vfr750f2:20150514215514j:plain
・メニュー

ぶたどん』ってふりがなが振っている辺りが、関東圏ではまだまだ帯広豚丼が広まっていないことの左証


豚丼フリークの私が、ここまで来てチャーシュー丼は無いでしょ。それは得て非なるもの。ここは豚丼で・・・・


いや、肉増しで・・・・


・・・・


むっ、もとい


肉増しメシ増しで!

f:id:vfr750f2:20150511212955j:plain
・なぬ~!?

こ・・・・これが肉増しメシ増し豚丼かぁぁぁぁぁ!


すげぇ~。ひょっとしてやっちまったか!?
若干どんぶりが小ぶりですが、そんな効果を十二分に打ち消す『盛り』っっっ。


しかもどこから手を付けてよいかわからないほど、びっちり山盛りゴハンに、ピタッと張り付いた豚肉


とりあえず味噌汁のフタをひっくり返して肉を退避させ、まるで焼肉の時のようにお肉ピタピタゴハンとして食べます・・・・


・・・・

f:id:vfr750f2:20150511212956j:plain
・ビジュアル最高、味噌汁は蕪のお味噌汁で美味しい・・・・

あれっ?


お肉を頬張っても、味がしない・・・・
タレが薄いのか、そして粘りがなくサラサラしているために流れてしまっているのか、とにかく全然味がしない・・・・


そしてゴハン。なんか甘いんです。
そういうお米なのかしらと食べ進んでいくと、どんどん甘みが強くなっていく・・・・というか砂糖のように不自然に甘い!


きっとコレ、タレが甘すぎて、そしてそれが全てゴハンの下の方に流れ、全体が不自然な甘さになってしまっているんじゃないのかと。


硬派なピリっとした豚丼のビジュアルからは想像もつかない、甘~いゴハン。そして味のしない肉!
肉自体もペラペラだしこちらは脂の甘みも何にもなく・・・・


ゴハン増しにしたことを本当に後悔しました(泣)
帯広豚丼で勝負しようという心意気は買いますが、ちょっと味と質が・・・・たまたま今回のタレのロットだけがハズレだったのか?とでも思いたいですが、もう一度食べに行く勇気はありません。ザンネンっっ!

帯広豚丼に関して1ページにまとめてみました。私のHPの 帯広豚丼 コーナーへどうぞ!