オープンバレル端子圧着工具を購入しました

愛車のバイク、VFR750F(RC36)のレギュレータを、最新のFET式レギュレータに換装する作業を計画しています。

https://…/2014/04/05/ コネクタ圧着考
https://…/2014/03/17/ MOSFETレギュレータ・設置場所考
https://…/2014/03/02/ MOSFETレギュレータ購入のお話の続き
https://…/2014/02/22/ 愛車バイクの電気系統強化作戦!MOSFETレギュレータ購入

ACジェネレータ(発電機)からレギュレータまでの電線と、レギュレータからバッテリーまでの配線も張り直す計画なのですが、なるべくならよく焼損事故を起こすコネクタは排除して、信頼性を上げたいのです。
が・・・・どうしても残るのが、レギュレータ自体との接続箇所


ここだけはコネクタにせざるを得ず、そしてここにはオープンバレル端子が採用されているのです。
大きな電流が流れる箇所なので、ちょっとでも施工不良があって抵抗値が上がってしまうと、ジュールの法則(Q=i2Rt)により、電流の2乗と抵抗値の積に比例して発熱するので、抵抗値を低く、確実に圧着する必要があります。


そんなとき、ここのコメントで紹介してもらった工具が、今回の目的にぴったり~♪
速攻で通販で購入してしまいました。これです。

f:id:vfr750f2:20140414172109j:plain
・オープンバレル端子圧着工具 台湾Pro'sKit製 6PK-230C

オープンバレル端子専用の圧着工具。しかも電線太さも0.5sqから5.5sqまで対応しているんです。
なかなか太いケーブルに対応した圧着工具を見つけられなかったのですが、海外製のこれはばっちり対応


PA-08と比べてサイズはそんなに大きくないのですが、支点が3箇所もあり、テコの原理で強大な圧着力を生み出せる構造になっています。

f:id:vfr750f2:20140414172110j:plain
・6PK-230Cは複雑な構造をしています

そして、エンジニア製の売りであった、芯線部分と被覆部分が同時に圧着できるという長所。


しかし・・・・

f:id:vfr750f2:20140414172111j:plain
・6PK-230Cも、芯線と被覆部分を同時圧着!

そんな機能も6PK-230Cは備えています


キチンとロック機構もついていて、所定の圧着力を加えるまではこの工具の口がリリースしないんです。
これならば安心ですね。
実際に使ってみて、きちんと圧着できるのか実験をするまではなんとも言えませんが、今のところは良い感じです。


だいぶお膳立てが済んできました。あと一息です。

https://…/2014/04/17/ FET式レギュレータ換装への道 全体配線図編