北海道ツー5日目・補給を兼ねて道北に移動。天気は下り坂!?

さすがに昨日までがラッキーすぎだったのでしょう。今日の多和平キャンプ場の朝は・・・・朝霧に囲まれています。

f:id:vfr750f2:20130921144225j:plain
・朝霧に包まれた多和平キャンプ場の朝

これこれ~、いつもはこういう感じばっかりなのよ~。これぐらいではメゲません!(笑)
ラシオの気象情報では、主に道東方面で濃い霧が出ているとのこと。そして、概況で北海道を覆っていた高気圧が東に去り、次も高気圧が接近しているのですが、その間の気圧の谷が通過するため天気が一時的に下り坂であると言っています。


う~む・・・・その気圧の谷がいつ通過するのかが読みどころだなぁ・・・・。


そして、そもそも着替えが底を突き洗濯をしないといけないし、持ってきたお米の量が中途半端で、あと一食は無い・・・・。そうそう、ハッカ探しもしなければならないので、北見方面に向かいつつ、ランドリー装備のキャンプサイトに移動・・・・といったところかな。

f:id:vfr750f2:20130923091246j:plain f:id:vfr750f2:20130923091247j:plain
・パッキングして出発。まだキリが晴れません ・まぁ、メシでも食べましょ ホットコーヒーね

もやもやの中を出発。テントも濡れたまんまなので、今日はパッキングの最外周にくくりつけて走行風で干しながら・・・・(後にこれが事件への引き金になります。)


キリも遅くとも午前中には晴れるでしょう。メシでも食べながら・・・・さてさて。

屈斜路湖ビュー

なんか、ラッキーカードを使いすぎているんじゃないですかねぇ?
って、昨日書きましたが・・・・


メシ食べて時間を潰していたら、キリが晴れてきました。

f:id:vfr750f2:20130923091248j:plain
・霧が晴れて青空になりました。ちょっと前方の雲が気になりますが・・・・

今日もラッキ~ですよ~♪


屈斜路湖を見るには・・・・美幌峠小清水峠がメジャー級。
というわけで、マイナーな津別峠へ。美幌峠( H=490[m] )や小清水峠( H=499[m] )よりも圧倒的に標高が高いし、人も来ないのでゴールデンウィーク時期に訪れた時には通行止めで近づくことも出来なかったのよね・・・・

f:id:vfr750f2:20130923091249j:plain f:id:vfr750f2:20130923091250j:plain
・道道なんだけれど林道っぽいですね。天気・曇 ・でもだいぶ登ったら晴れてきました

北海道・舗装道路には珍しい狭い道。雪をどかす場所も無し・・・・
キリも心配していたのですが、全くなく、そのうち快晴のクネクネを登坂


標高947[m]ひっそりとした津別峠展望台に到着です。

f:id:vfr750f2:20130923091251j:plain
・津別峠

美幌峠に引けをとらないどころか、完全勝利なほど立派な展望台があります。


どれどれ~・・・・

f:id:vfr750f2:20130921144226j:plain
・屈斜路湖はどこ???

!!っっ・・・・_| ̄|○


やっぱりちゃ~んとバランスが取れているんですよ・・・・


途中も坂道を登っていく途中が『天気・曇』だったのは、こういうわけか・・・・
でも、見方を変えれば、とっても素晴らしい雲海!


180度反対側を覗くと・・・・雌阿寒岳雄阿寒岳などの絶景!

f:id:vfr750f2:20130923091252j:plain
・津別峠展望台から、阿寒岳方面を望む

なにこの差。北見側は一切の雲がない晴天! しかも今日目指すのはこっちの晴れ方面。やっぱりラッキ~♪


でも、怖いもの見たさで、一旦下に降りて美幌峠にも寄ってみようかしら。


ほ~らね・・・・

f:id:vfr750f2:20130923091253j:plain
・美幌峠から屈斜路湖を望む

ちょうどさっき見た雲海の中にいる感じ(泣)


なにもこの雲海の中に飛び込むために美幌峠に来たわけではなく、本当は道の駅で少しでも『ハッカ』のヒントを入手するため。

f:id:vfr750f2:20130923091254j:plain
・道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠

なんとなんと・・・・ありました! ハッカ油!


なんか、サラダ油のようなものを勝手に想像していたのですが、実物は・・・・

f:id:vfr750f2:20130923091255j:plain
・北見名産 ハッカ油

超小型。単3乾電池みたい。
ふぃ~・・・・これで特命完了。

美幌の街で補給作戦

峠を少し下るだけで、津別峠で事前チェックしていたとおり、視界良好! 天候良好!

f:id:vfr750f2:20130923091256j:plain
・R243美幌国道

そして美幌の街で、補給。


まずはバイクのメシ・・・・

f:id:vfr750f2:20130923091257j:plain
・ホクレンで給油 青フラッグもゲット!

別に狙っていた訳ではないのですが、売り切れ続出のホクレンフラッグ2本目(青)難なくゲット


そしてセイコーマートで・・・・すっかり忘れていた(今日までだった)VF/VFRクラブ全国ミーティングの参加申し込み。駐車場で、ライダーがノートPCを立ち上げてカチャカチャキーパンチしている絵は傍から見れば異様な光景。でも、その間にテントも干せたし一石二鳥。
一石三鳥にスべく、底を突いてしまったお米を・・・・

f:id:vfr750f2:20130923091258j:plain
・お米売り場

デカすぎ! 最低でも2kgサイズなので、バイクへの搭載は諦めざるをえない・・・・
かといって、サトウのごはん系も微妙にデカくて、湯煎で温めるのにも無理があるなぁ。仕方が無い、キャンプでライスなし生活とするかぁ(泣) 

仁頃はっか公園

何度か通ったことがあるはずのこの道も、見ているつもりで全然見えていなかったのね。ハッカ探しというフィルターが掛かることで、新たなものが見えてきました。


あるじゃないですかデカデカと・・・・その名も『ハッカ公園』なるものが。


そもそも私、ハッカってなに?状態なわけですが、植物だったんですね。ハッカがずら~
そのハッカの葉から、油に変身させるための蒸溜施設

f:id:vfr750f2:20130923091259j:plain
・ハッカ蒸溜施設(ハッカの乾燥した葉からハッカ油にする) 北海道遺産

この釜がある部屋全体が、いい香り~ペパーミントガムのあの香りが充満しています。


様々な展示もあり、ハッカは北見地方が世界の70%を製造していたなど、色々知ることが出来ました。

ドマイナー道道で北に

どこに泊まろうか・・・・
この近くの丸瀬布に、SLが走るキャンプ場があり、ランドリーも完備しているのでなかなか良さげなのですが、ちょっと近すぎるかな?


というわけで、もう少し北に進むことにします。
手持ちのツーリングマップルには、過去通った道にはマーカーペンで印がしてあるので、通ったことがないルート・・・・道道137号で西興部まで抜けよう~


途中にはえんがる公園コスモス園なるものを発見したのでちょっと立ち寄り。

f:id:vfr750f2:20130923091300j:plain
・太陽の丘 えんがる公園コスモス園

うわ~、華やかだねぇ~!
漢字で秋桜と書くぐらいだから、時期的にもドンピシャ! 1,000万本が咲き乱れる!んですって。


しかし・・・・この施設、入場料が有料(泣)。それもコスモス開花時期たけ有料って・・・・ヤメますか。


ドマイナー道道137号Run。地図のコメントにも『交通量皆無 寂しいルート』と記してありますが・・・・
ぶほっっ!

f:id:vfr750f2:20130923091301j:plain
・この先17km 工事中通行止め!?!?

こ・・・・工事中!?
ここでの通行止めはイタい~。しかも迂回路地図が道道番号でなく"紋別丸瀬布線"とか"上社名渕上湧別線"とかしか書いていないので、土地勘のない人にはどうやって迂回するのか全然わからん!


仮にこの辺りが通行止め・・・・と仮定したとしても、どう回避してもものすごいタイムロス! Uターンもかなりのロス・・・・


取り合えず進むも、対向車も全くなく、誰かに聞こうと思っても人影も全くない、地図の通りの寂しいルート。すごい不安・・・・ですが、実際に行ってみたら最初に仮定したところが通行止め。
仕方なくにオホーツク海岸まで一気に迂回・・・・
どうしても時間を回復スべくピッチが上がってしまい、写真一枚も無し!


途中に地図にも載っていない駅逓所跡がありました。こんな山奥にあるなんて。次回はココを目標に来よう!

海岸沿い迂回ルート

オホーツク海岸をトレースする国道238号まで迂回してきました。ふと過去を振り返ると、こんなに天気が良いオホーツク海岸はあんまり記憶が無い・・・・
いっつもキリか雨で難儀する走行ばかりだったのですが、今回走って再認識。イイ道だね~

f:id:vfr750f2:20130911163357j:plain
・オホーツク海岸迂回ルートを北上

気分は最高です。そりゃ~、先ほどの道道が人影無いわけだわ・・・・普通の人ならこっちをチョイスしますわ。コチラは適度にライダーともすれ違い、ピースサインも楽しい。


ちなみに、紋別を通ることになったのでかにチャーハンを食べようかと"マリーさんの木"を探したのですがわからず・・・・
ラーメンにしました。

f:id:vfr750f2:20130923091302j:plain
・オホーツクホタテ干貝柱 塩ラーメン \850円

シンプルなのですが、素材のポテンシャルが素晴らしく、いい出汁が効いているなぁ~
スープまで全部飲み干してしまいました。


途中、上興部駅跡に立ち寄り、名寄の街。
ここから後10キロほどで美深アイランドキャンプ場・・・・でも、なんだか空がとても怪しい

f:id:vfr750f2:20130911163356j:plain
・局所的ゲリラ豪雨・・・・の直前の写真

急遽、名寄に宿を取ろうかしら・・・・でもなぁ、気候も快適だしキャンプがいいんだけれどなぁ・・・・

祝!20万キロ!

というわけで、やっぱりキャンプ! 美深まで走ることに。
おおっ! なんとか雨がふらずに頑張っている・・・・いっときも早くキャンプ場に逃げ切りたいときに、夢の瞬間が。
補正値3,123.9kmを加算すると・・・・

f:id:vfr750f2:20130923091305j:plain f:id:vfr750f2:20130923091303j:plain
・196,876.1 [km] + 3,123.9 [km] = 200,000.0 [km] ・名寄~美深間で達成!

ピッタリ20万キロ!
ついにここまで来たか。ジーンと感動・・・・に浸る余裕はありません。速攻でキャンプ場だっっ!


・・・・けれども、逃げきれずに降雨
最初のうちはポツポツだったのに、いきなり土砂降り。それも、ヘルメットに叩きつける雨の量が多すぎて、シールドには雨粒ではなく水の膜ができるほどの量!


幸か不幸か、リアに搭載の荷物は、テント(フライシート)を乾かすために最外層に搭載していたため、それで防水できると踏み、カッパも着ないで止まらずに走り抜けます!(どうせ洗濯だしね。)


雨はすぐに止んだのですが・・・・


GRD4デジカメ壊れました(大泣)
電源は入るしコンピューター部も液晶部も生きているのですが、イメージセンサー部だけが壊れたようで、画像が真っ暗! 電源を入れてもイメージセンサーの認識をリトライするために、レンズが出たり引っ込んだりを3回繰り返し、そのまま電源が落ちちゃいます。(再生モードでの起動は全く問題なし。)
明日からの日記はどうすれば~~~~(心の叫び) 

とりあえずスマフォのカメラで

まぁ落ち込んでいても解決しないので、雨が降り出さないうちにテントを設営し、早速洗濯・・・・

f:id:vfr750f2:20130923091306j:plain f:id:vfr750f2:20130923091307j:plain
・テントの横にバイク駐車可能 ・ランドリー完備

美深も居心地が良いのよね~。多和平とはまた違う心地よさ。バイクも乗り付けられるのでテント設営も楽~


そして特筆すべきは、徒歩30秒の温泉

f:id:vfr750f2:20130923091308j:plain
・キャンプ場の横には温泉

ふい~、さっぱり
なんたって、バイクで来ているのに風呂あがりにビールが飲めるという、不思議な感覚がうれしい~


道の駅もすぐ脇なので、落ち着いた後に買い出し・・・・って、もう閉店間際!
かろうじてパンが買えました。危ない~


夜、雨が降ってきました
気圧の谷がやって来たのでしょう。これが明け方まで抜けてくれることを願いましょう。
おやすみなさ~い。

f:id:vfr750f2:20130923091309g:plain

https://…/2013/09/12/ 北海道ツー6日目・エンジン付きトロッコとエサヌカ線!