北海道への上陸フェリー考

さて、計画中の今年の北海道ツーリング
前回の日記では、フェリーの予約だけ完了したことを書きました。

https://…/2013/07/17/ た~さまの北海道ツーリング2013年夏・作戦開始だ

そして航路は、まぁ前回も使ったし・・・・と『大洗~苫小牧』航路としたのですが・・・・

f:id:vfr750f2:20130812205935j:plain
・前回使った大洗~苫小牧航路 深夜1時半発

しかしコメントで『新潟~小樽航路も良いよとのことなので、さてどんなものなのか比較検討してみました。(いまさらかよ~と感じるかもしれませんが、一昨年までの北海道ツーリングに行くときは、青森まで『自走』を貫いていたので、フェリーのことをあんまり知らないんですよね。)


まずは、航路そのものの比較です。

 大洗~苫小牧航路新潟~小樽航路
運行会社商船三井フェリー新日本海フェリー
便数一日2便一日1便
往路ダイヤ(1)1830発 → 翌1330着1030発 → 翌0430着
往路ダイヤ(2)0145発 → 翌1945着-
復路ダイヤ(1)1845発 → 翌1400着1030発 → 翌0600着
復路ダイヤ(2)0130発 → 翌1945着-
運賃(B期間)カジュアルルーム \12,000円(A期間)ツーリストB \7,900円
手荷物(バイク 748cc)(400cc以上の区分) \14,000円(750cc未満の区分) \6,700円
合計(片道)\26,000円\14,600円

驚くのはその価格差! 壱万円違うねぇ。


では、実際の往復の経費も考慮して計算してみましょう。あっ、そうそう。私の長期休暇は『土曜日~翌日曜日』までの9日間ね。
まずは、大洗~苫小牧航路の場合。

曜日発時刻発地点 着地点着時刻料金等備考
土曜日1300関越道
所沢IC
北関東道
水戸大洗IC
1600\1,850高速代・距離 131.8km
\1,120燃料 20km/l @160で計算
1830大洗FT苫小牧FT \26,000フェリー運賃
日曜日 1330
1400苫小牧FT    
1430道央道
苫小牧東IC
道東道
音更帯広IC
1800(\1,700)高速代・距離 169.3km
(\1,360)燃料 20km/l @160で計算
  帯広(宿泊)1830 好天ならなんとか行ける
合計\28,970 

休暇初日の午後に自宅を出発すると、夕方発のフェリーに乗れて、翌日はキャンプを諦めて日没まで走ることで、その日のうちに帯広に到着できそうです。(雨の場合は苫小牧ステイ。)
まぁ、何とかなりそうですけれど、理想を言えばもうちょっと早い時間に苫小牧に着きたい・・・・


では、これを新潟~小樽航路にした場合です。

曜日発時刻発地点 着地点着時刻料金等備考
土曜日0330関越道
所沢IC
日本海東北道
新潟亀田IC
0800\2,650高速代・距離 294.9km・深夜割引50%
\2,400燃料 20km/l @160で計算
1030新潟FT小樽FT \14,600フェリー運賃
日曜日 0430
0500小樽FTどこにいこう?   
合計\19,650 

小樽港に早朝到着は嬉しい~・・・・けれども、その反動で自宅出発は朝3時!
金曜日まで普通に仕事をしていて、そして次の日の朝3時出発は、パッキング等を含めるとちょっと辛いなぁ。かと言って、もう一日出発を遅らせるか?


あまり塩梅がよくありませんね。


じゃぁ、帰りは・・・・
帰りは逆に、本州側は日没なんか関係なく走っていられるので、逆に北海道側の発時刻を優先したい。すると、苫小牧発は夕方18時半なのに対して、小樽発は朝10時半か・・・・


なんだかんだで時間に関しては、今の大洗~苫小牧便で満足するしか無いのか~(泣)
でも、料金がこんなに違うとは驚き!