オーバーホールの為にドック入り・・・・出来ず! ~163,165.3km~

今日は、愛車のバイクVFR750F(RC36)のスタータークラッチオーバーホールをするために、バイク屋にドック入りさせよう!
2月上旬まではちょっと忙しい状態が続くし、寒いし、ドック入りにはちょうど良い時期なのです。

・スタータークラッチはエンジン右側 ・横からエンジンカバーを外す必要があります

普段だと、2年に一度の車検の時に一気に作業してしまうのですが、前回車検の時に優先度低で依頼していたので『現象再現せず&予算オーバー』から未作業となっていました。
しかし最近、現象発生率(セルモーターを回してもクランキングしないでモーターだけ空回りしてしまう)が上がっているのと、パーツ在庫が底を突く前に対策すべし!でドック入りを決断したのです。

https://tarsama.hatenadiary.com/entries/2009/02/21/ 車検整備2009完了・引取りに行ってきました ~146,601.5km~

ちなみにドック入りするバイク屋は、愛車VFR750F(RC36)にとってのホームグラウンドとでも言うべきか、この店で購入し、車検等ずーっとお世話してもらっている場所。一応数店舗の規模で経営しているバイク屋さんなのです。


ふだんだと、一言電話で『今からバイク修理のために預けに行ってよいですか~』と連絡してから行くのですが、いつも『いいですよ~』しか言われないので、今日は連絡無しで直行!


そして、店頭に到着。
店員さんに『スタータークラッチのオーバーホールをお願いしたい』旨を伝えましたが、反応がいまいち・・・・

・バイク屋の店頭

店内でパーツリストで部品番号を調べようにも、VFR750F(RC36)のやつは処分してしまったのか見つからず・・・・


最後には、『このバイクは古いですからね~、うちではちょっと・・・・』みたいなことを言い始める始末!
ちょうど店舗間での整備士の入れ替えがあったのか、知っている人も居ない・・・・(まあ、1年に1回ぐらいしか顔を出さないからなあ・・・・)


完全に一見さんと間違えられている模様。
この店で購入し、ずーっと車検などで面倒見てもらっている旨を伝えると、態度急変! 店の奥にあるホンダの端末叩いて部品番号調べてくれますが、バイクが古すぎて検索できず・・・・(>_<)


とりあえず、今日のドック入りは中止して自宅に引き返し、手持ちのパーツリストをスキャナで取り込んで電子メールで送付。その部品番号から部品在庫を調べてもらい、部品入荷後に再びドック入りする事になりました。

・手持ちのサービスマニュアルとパーツリストがこんな形で役に立つとは!

よく、北海道ツーリングの時はサービスマニュアルとパーツリストを持ち歩いていて、田舎のバイク屋に急遽ドック入りすることに備えていたりしたのですが、それはアウェーの話。まさかホームグラウンドでもドック入りの際にマニュアル類を持参しなければならない時がくるなんて・・・・