鈴本とんかつ専門店 ~東京都八王子市~

あぁ~、美味いとんかつが食べたい!
そう思ってインターネットで『八王子 とんかつ』で検索したら、上位に名を連ねるトンカツ屋がJR八王子駅徒歩圏内に見つかりました。
分厚いのに柔らかい塩で食べる衣がサクサク・・・。噂を集計しているだけでヨダレが垂れてきます。


そこで自慢のロースカツやらを食べに行くことにしました。


場所は国道20号・甲州街道から一本入った小道で非常にわかりづらい・・・。長年地元の私ですら周辺をウロウロしてしまい、最終的に『えっ、こんな小道あったっけ(?)』というような道に入ってようやく見つけました。

・場所はココ(拡大してみるべし) ・とんかつ鈴本

店の中は18時だというのにそこそこ客が入っていて、とんかつを肴に呑んでいる人がたくさん!
私も迷うことなく『ロースカツ定食\2,000円』をオーダーし、調理を待っている間でも次々とお客さんが来て、カウンター席ですら満席になってしまいました。
やっぱり地元では人気あるみたいですね~。こんなに場所が悪くても大入りですからね!


カウンターからは調理風景がよく見えるのですが、冷蔵庫から取り出してきた豚肉が超分厚い!!! 3cmぐらいあって、これを叩いて肉を柔らかくして筋を切る下作業をする過程で2cmぐらいになります。
これだけぶ厚いので揚げるにはそこそこ時間がかかるので、『じゅ~♪』という揚げ物サウンドをBGMにしばし待ちます。


やがて運ばれてきたソレは・・・・

・ロースカツ定食 ・御新香も付いています

超巨大!な肉の塊です。写真だと比較する対象がないためわかりにくいのですが、丼の開口面との比較がわかりやすいかな(?)

・巨大なロースカツ ・すごい分厚さ!!

そして強烈な厚み! ものすごい威圧感!
これ噛みきれるのかなぁ~(?)食べきれるのかなぁ~(?)


パクッ・・・
うわぁ~柔らか~い♪♪♪ 衣はサクサク!
肉は脂身が少な目で、肉自体の味を楽しませようとしているみたいで、タレ((?)薬味(?))もオーソドックスなソース以外にタルタル硬派な塩などがあります。
確かに味が濃いソースで食べてしまうと、肉自体の微妙な甘さがスポイルされてしまいます。


しかし、始めに辺り一面にソースを大量にかけてしまう過ちを犯してしまった為、今回はソースonlyで食べました。


それでも、アッという間に丼飯とトンカツを食べ切ってしまいました。

このお店は大当たりです。
今度はトンカツを肴に呑みにこようかな。う~渋いなぁ~。