東に向かってワクワク!(?)ドキドキ!(?) ~2008GW北海道ツーリング・行程5日目~

今日は天気の心配はなさそうなので、道東の愛用キャンプ場、360度の地平線が楽しめる『多和平』まで駒を進めます。
この時期はキャンプ場がオープンしている場所が限られているため、キャンプ場によって移動場所が制限されるのです。ゴールデンウィーク時期の北海道ツーリング過去全てでココ多和平を利用しています。

・ちょっと寄り道して多和平へ

でも、ただ単に移動だといくらなんでもツマらないので、今回の主旨『マイナーロードツーリング』に則り道道をチョイス、津別峠越えの絶景が目標です。

銀河鉄道

途中、手持ちのツーリングマップル未掲載の隠れキャラ道の駅を発見しスタンプをゲットしつつ、2006年に廃止となってしまった銀河鉄道の廃線跡を探索します。
北海道ツーリングをしていて踏切で足止めだなんて滅多にないのですが、たまたま過去に足止めされたら哲郎とメーテルが描かれた鉄道がやってきたのです。後で調べたら『ふるさと銀河線』という名称にちなんだものだった事がわかってから、なんだか気になる存在だったのです。
でも、そんな楽しい気持ちとは裏腹に、利用客が少なくて廃線になってしまったのです。

https://…/2005/05/04/ 北海道ツーリング・上陸5日目
https://…/2007/09/11/ もやもやかよ!!北海道(行程3日目)

・踏切は・・もう無い ・途切れたレール ・どこまでも続く砂利 ・機器箱もそのまま

細かく見ていくと、各駅はそのまま残っているし、レールまで引かれたままです。さすがに踏切は撤去されていますが、すぐ脇の機器箱はそのまんま。しかも鍵もかかっていないので開けてみたら、当時のまんま、バッテリーやらリレー等がもう来ない列車を待っています。

・機器箱に鍵がなく・・・ ・開くじゃん ・中は綺麗でそのまま ・駅も綺麗です!

旧愛冠駅や旧美里別駅に立ち寄りつつ旧陸別駅にいったら!!!


ウワ~~~ッ!銀河鉄道が動いています!

・旧陸別駅 ・あれっ!?電車が居る! ・メーテルも!!! ・乗ることも出来ました

なんのことはない、旧陸別駅構内だけの復活運転らしいのですが、なんと自分で運転できるという子供大喜びの夢の企画なのです。(でも、座学で勉強が必要とのこと・・・。)
それも料金\2,000円。さらにマニア向けのロングコース\20,000円なんていうのもありました。
残念なことに30分毎に開催の講習&運転セットも14時30分を除いてすべて売り切れ。私みたいに事前情報無くフラ~っと来るのではダメみたいです。(陸別で15時まで足止めされると寝るとこ無くなるし・・・)

津別峠・美幌峠

ようやく津別町に到達し道道に転進、津別峠を目指すも・・・、通行止め!

・ん・・・っ!? ・ダメみたいです。

5月末までは冬季通行止めとのこと。
しかたなくメジャー国道で大パノラマの美幌峠を越えます。この峠は本当にパノラマが楽しめて、視界に一度に入りきらずに首を振らないと全てが見えないほど。写真ではこの素晴らしさは絶対に伝わりません!
残念ながら快晴とはいかず、もやが出ていてクリアな視界は5~10km程。

・美幌峠 ・大パノラマ(の一部) ・腹も満たします

感動でワクワクしているころ、ドキドキが止まりません
峠に上がってくる時は横風が強く難儀しながら速度を落としてきました。
道中にはめずらしく覆面パトカーが乗用車を補食していました。北海道で覆面だなんてなんて入れ食い状態で、峠にいたライダー同士で情報交換していると、掃除のおじさんまで会話に入ってきて『ココは追い越し禁止区間が続くのでヘリコプターで監視していて頂上で止めるというスケールのデカい取締りをよくやっているので、上にも注意しながら走らないとダメ』(どうやって(?))とのこと。
やがて到着した後続ライダーは『やられた~!19km/hオーバーだよ~!!』と北海道の道で80km/h巡航で捕まるとは・・・。

・こんな峠で覆面だなんて・・・

美幌町方面に降りていくライダーは青ざめて、黒いセダンという情報を頼りにするしかありません。(ちなみに私は逆の弟子屈方面なので安心。)そんな会話で盛り上がっている中、一台のカットビバイクが美幌方面から峠をパスして弟子屈方面へ下っていくすぐ後ろに見たことあるセダンが・・・ロックオン
あ~アレだ~っ!
制服着たお巡りさんが2名乗っておりました。合掌~。
しかし、私が進む方面に覆面が居ることがハッキリしている状態なので、ドキドキしながらゆっくり走りました。

徒歩ダー

警戒しながら峠を下り、逆方向から津別峠アタックをするもやはり通行止めで、しかたなく屈斜路湖~弟子屈をウロウロしていたら、気合いの入った徒歩ダーに遭遇して、わざわざ道端にバイクを止めてしばし語り合い。
なんでも最北端宗谷岬から出発して、歩いて最南端に向かうそうです。いろいろな苦労点はバイクキャンプツーリングと共通なのですが、圧倒的な積載能力制限があります。その苦労はまさに涙ものです。
風呂は2日にいっぺん、着替えは予備を積むと重いので、途中で見つけた温泉で洗濯や、コインランドリーで下着だけになって洗濯駒は一日30km程度しか進まないので、峠越えの場合は麓で一日足止めされ、翌日一気に越える・・・、などなど。
大変に面白いお話です。
さらに手提げカバンにはパソコン一式。毎日ブログをアップしているのだそうです。

http://arukekoguchi.com/
http://blog.livedoor.jp/koguchi_blog/
・頂いた名刺 ・ブログサイトはコチラみたいです。

あれっ、なんと私の写真が掲載されているではないですか!

http://blog.livedoor.jp/koguchi_blog/archives/791508.html 歩け!歩け!日本列島。

あっちフラフラこっちフラフラし、ポイントで会話していると時間がアッという間に過ぎ距離が稼げません

まったりツーリング

北海道ルーキーだった頃は、到達ポイントありきでそこまで必死に走るようなツーリングをしていたのですが、今思えば旅の楽しみ方がわからなかったんだと思います。
徐々に自分なりにツボがわかってきて、いろいろと見たり聞いたり撮ってみたり。道を素早く走ってしまったらもったいない!今の自分はそう思っています。

・弟子屈町営温泉・泉の湯(ここもケロリン桶でした。)

摩周温泉の町営銭湯・泉の湯(\200円、この値段でもちゃんとした温泉!です。)を楽しんでようやく360度の地平線が楽しめる多和平キャンプ場に着きました。

・多和平CP ・今年は雪がありません

定石どおり、日が落ちる前に食事を済ませます。この辺りは日本有数の寒さで、札幌が20℃後半でもこの辺りは10℃台。連日のラジオの天気予報でも明け方の気温が氷点下まで落ちるのです。札幌帯広の暑さはなんのその。釧路地方は涼しいですよ。(最近感覚がキャンプモードなので、気温10℃あればかなり快適です。)

・米も旨く炊けました ・ニラと野菜たっぷり ・野菜炒めの完成で~す

しかも最寄の町まで20kmというほど辺りには何も無く、本当に暗くなるので星空がものすごく素敵な場所なのですが、曇りでせっかくの星は見えませんでした・・・。
さて、いよいよ明日は根室・エスカロップにアプローチします。寒いから早く寝よ~っ。

https://…/2008/05/02/ ピーカン根室半島に大感激 ~2008GW北海道ツーリング・行程6日目~