パッキング開始

もうすぐ北海道ロングツーリングへ出発なのです。どうやら台風9号は心配しなくても良さそうなので、徐々に準備をしていくのであります。


今日は、ある程度持っていくものを厳選した結果で、簡単にパッキング(荷造り)してみて、バイクに積載できるか判断します。
余裕があるのであれば、少し優先度が低い荷物も積載したり、余裕が無かったら荷物を厳選し直すなどの微調整をするのです。


とはいっても、今までの経験で大体バイクに積める量がわかっているし、日々のキャンプ生活で必要なもの、あればいいもの、無くてよいものも判断がつくので大きくぶれることはありません。
普段と違うところといえば、今までの振り分けバッグに変わり、初の実戦投入となるサイドパニアケースぐらいなものです。サイドパニアはプラスチック製で防水性能を有するかわりに、振り分け(布製バッグ)と異なり変形しないため、固形物を積める場合にはデッドスペースが多く生じてしまうことです。
(ちなみに、振り分けバッグの大きな欠点は、一日中高速道路巡航をすると、排気ガスの臭いを吸ってしまいとっても臭くなること。一度ロングツーリングに投入すると、未使用時の部屋での保管が辛くなります。)

・振り分けバッグ(布製) ・パニアケース(プラスチック製) ・例年の荷物満載VFR

ためしに、パニアケースに荷物を詰めてみましたが、予想通りスカスカです。でも全体の大きさがデカいので、想定する荷物がすっぽりと格納できてしまいました。

毎度の事ながら、こんな感じでパッキングします。

搬送ユニット 内容物
タンクバッグ 地図(ツーリングマップル)・車検証・保険証・健康保険証・財布・デジカメ・携帯電話等
リアバッグ テント・シュラフ・下着類・白米
左パニアケース キャンプ用品一式(ストーブ×2・食器類・まな板・包丁・ランタン・ガスカートリッジ×3・詰め替え用空カートリッジ・蚊取り線香・虫除けスプレー・チェーンオイル等)
右パニアケース カッパ・レイングローブ等雨対策品・防寒着・車載工具・現地調達の食料等予備スペース
デイバッグ その日一日分の温泉セット
その他 テントマット

北海道上陸後の細かい予定は決めていないのですが、利尻島ウニ三昧か、いつもながらの道東三昧と言ったところです。でもウニ漁も8月で終わりだから、やっぱり道東かなぁ
普段とちょっと趣向を変えて、久しぶりに道北の道道106号オロロンラインでも行って見ようかな・・・。