めがね破壊

私は視力が弱いので、メガネを愛用しています。
中学生の頃までは視力2.0を誇っていました。毎日通学するときは掛けップチの上を通るルートだったので見晴らしがよく、物凄い遠くの景色をいつのまにか見ながら通学するようなところでした。
ところが、何時の日か遠くがかすんで見えるときがありました。朝の眠い時間帯のことなので、単に眠くて目がショボショボしているだけかと思っていましたが、実はそのときから急激に視力が落ちていたのでした。


その頃からメガネのお世話になっていました。しかし学生時代の一時期高い金を払って、コンタクトレンズに乗り換えたこともありました。
その頃の私は原付+半帽愛用者だったので、60km/h走行をすると顔面にまともに走行風を受けるのです。只でさえ慣れないコンタクトレンズで涙が止まらないのに、走行風を受ければ痛くて涙倍増。信号待ちのときなんか涙ボロボロでミットモナイったらありゃしない。
手でゴシゴシと涙をぬぐい、講義中にどうも目がおかしいので友人に目の中を覗き見てもらったら、片目のコンタクトレンズが入っていないことが判明しました。よくよく考えたら涙をぬぐう動作がコンタクトを外すときの『目を横に引っ張り瞬きする』と同じになっていて、何時の間にか屋外で無くしていたのでした。(無くしていた事に気が付かないほどコンタクトになれていないのでした・・・。)


なんと3日もしないうちに5万円もしたコンタクトを無くしていたのでした。それ以来、コンタクトは嫌いなのです。


メガネはずーっと"めがねスーパー製"だったのですが、やはり出来合いのものはそれなりで、只でさえ頭のでかい私には、レンズと肌が触れてしまい脂が付着してしまうなどイマイチしっくりこないのでした。
そこで、2年前に奮発して3次元計測のオーダーメイドめがね・"アイメトリクス"をチョイスしたのでした。(ヤクルトの古田選手がCMしているやつです。)


ところが、関西長期出張中である先週の土曜日に、朝起きてメガネを取ろうとした時に耳アームが引っかかって・・・『ポキッ』と折れてしまったのです。
こんなとき、安いめがねの場合は修理が効かずに別のフレームを買うしかないのです。そうするとレンズも当然交換・・・、という具合になってしまうのですが、アイメトリクスはねじ一本までパーツ供給をしてくれるのです。


さっそく眼鏡屋に行き『左のアームが根元から折れてしまったこと』『応急処置として瞬間接着剤で固定している』ことを伝えると、『それならばこの場ですぐに治りますよ。』と頼もしいお言葉。
待つこと40~50分で綺麗に元通りになりました。なんでも、瞬間接着剤を溶解するのに時間が掛かってしまったとのこと。修理代も元が高いめがねだからボラれるのかと思いきや、たったの\1,575円。



何回でも修理が効くので、ナンダカンダでお得です。

https://…/2008/02/10/ メガネの微調整